« idou検証シートを整える | トップページ | メールのお陰で »

2008年3月 2日 (日)

メール

 へたれさんより改造されたidouファイルをメールで送って頂きました。それはエクセルと言うよりもVBAでほとんどが出来ていました、速度も僕のものよりはるかに速いです。(脱帽ですcoldsweats01

 もう一度勉強しなおします

          *

 ところで僕はめったにメ-ルを見ないのだけど、福岡の男性から2/24に質問のメールが届いていました。今ごろ気付いて申し訳ありません。(他にも見逃しているのがあるかもしれない。もしあったらごめんなさいね。)

>私はトレード結果を基に、
勝率・取引通貨・時間帯・連勝数・連敗数・最大ドローダウン・PF
などを検証してみたいのです
>私なりに調べたのですが、システムトレード的な自動売買のページが多くて、
結果の検証の方法を説明したHPや書籍がなかなか見つかりません。
>そんな私に適したFX用の投資管理シートはございませんでしょうか?
そのものがあれば一番参考になりますが、なければ何かアドバイス、もしくは
参考になる書籍やHPを紹介していただけると非常に嬉しいです。
 というものでした。
 自分のトレード結果を検証してみると言うのも良い方法ですよね。青本にもそうするように書かれています。僕も時々自分の取引が間違っていないか検証してみることもあります。そのためには自分の取引の記録をエクセルに全て記録しておかねば話になりません。
 記録に残しておけば、後で色々と好きなように加工が出来ます。損益曲線をグラフにする事が出来ます。この前記事に書いた部分を付け加えれば連勝数・連敗数・最大ドローダウン・PFは直ぐに出せます。
 FXのことは良く解からないのですが、そのときに取引通貨・時間帯をコード化しといてください。USドル-円なら101、NZドル-円なら201。時間帯は0から23で良いです。
 表の項目は日付(参入)・日付(退出)・時間帯・取引番号・取引通貨コード・取引通貨・建値・返済値・数量・損益ぐらいで良いです。しかし、これよりも少し複雑でまだ今まで公開してない売買戦略管理表と言うのがあります。これは個別銘柄用なのですが、銘柄コードを入れているので後でIF文を使うことによってある銘柄だけの損益だけを簡単に抜き出すことも出来るのです。こうしておけば、同じ様に時間帯別でも取引通貨別でも取り出すことが出来ます。
 今までこの部分を書いてこなかったんですが。非常に大事なことだと思います。直ぐにモデルを作ってみます。楽しみにしておいてください。
          *
 
 しかし、へたれさんの方の技術は直ぐに取得できそうにないsad
 
 つづく

|

« idou検証シートを整える | トップページ | メールのお陰で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/218459/10880060

この記事へのトラックバック一覧です: メール:

« idou検証シートを整える | トップページ | メールのお陰で »