« モンティ・ホールの考察 | トップページ | 6日目 »

2008年8月11日 (月)

モンティ・ホールの考察 2

 つづき

 自分の考えが間違っていた事に気づきます。

 一回の勝負では確率は役に立ちませんが、何回も勝負を続けていると、確率に近づくと思います。

        ********

 全ての扉の確率が1/3であったなら。最初の選択を有る扉に決めて、つぎに扉を変更したなら確率は2/3となります。

 ですから、ゲームを長く続ければ続けるほど、全ての扉の確率は1/3に収束しますので、上のやり方に従えば確率は2/3になるということです。

 ゲーム理論から言いますと、この2/3が均衡点なんでしょうね・・・・・

   それで、もっと確率を上げたいから、流れを読んで、僕が先に書いたような事をするのですが、もしも読みが外れたら2/3よりも悪くなります。

 初めから下手に流れを読もうとして、僕は最初の10回で1勝9敗してしまいました。(1万両づつ賭けていたので、破産はしなかったけど・・・・)

 始めは最初に選択する扉を固定すべきでした。反省

 なんだか奥は深いなぁ~。

 つづく

|

« モンティ・ホールの考察 | トップページ | 6日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/218459/22897451

この記事へのトラックバック一覧です: モンティ・ホールの考察 2:

« モンティ・ホールの考察 | トップページ | 6日目 »