« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月31日 (日)

第 1 週 まとめ

 今週のFXトレードをエクセルに入力しました。43回もトレードをしてしまいました。

 はじめガチガチだと言っていたのに、多すぎるのだろうか。しかし、手数が出るというのはいいことだと思う。

結果 1トレードで見て

運用日数 5日
初期資産 500000 円
最終資産 507900 円
取引回数 43回
勝率 58.14%
純損益率 1.58%
日率換算利回り 0.26%
月率換算利回り 5.48%
年率換算利回り 89.67%
シグナル発生頻度 NaN%
最大ドローダウン 1.06%
年率ボラティリティ 3.81%
年率シャープレシオ NaN
プロフィットファクター 1.3
ペイオフレシオ 0.94
年間営業日数 245

        ********

 成績フォームがなぜか調子が悪く利回りとシャープレシオが出ないのは残念です。

 1日 8トレード ぐらいしている。デモ期間と比べるとはるかに地味になった。当然1万ドル取引という少し堅めのルールの下やっているのでこれは仕方がない。

 もう少し上手くすれば1万トレードでも1日+5000円は期待できるし。簡単に-6000円にもなりうる。

 1日目 -1700

 2日目 +1800

 3日目 +3100

 4日目 +2100

 5日目 +2600 ( 途中でやめていれば+7000はあったのに )

結果 1日で見て

運用日数 5日
初期資産 500000 円
最終資産 507900 円
取引回数 5回
勝率 80%
純損益率 1.58%
日率換算利回り 0.26%
月率換算利回り 5.48%
年率換算利回り 89.67%
シグナル発生頻度 100%
最大ドローダウン 0.34%
年率ボラティリティ 5.93%
年率シャープレシオ 15.12
プロフィットファクター 5.65
ペイオフレシオ 1.41
年間営業日数 245

 最初の出だし2日よりも最後2日の方が遥かに良くなっていると思う。勝率は60%でLCは最大でも1トレード2000円以内に収めようと思う。

 個別で複数銘柄、持っていれば全敗の時は軽く3万は負ける。1度に3連敗したのと同じだ。

 FXや一銘柄に絞り最小ロットで挑めば3回は負けても良い。

     annoy 3回までは負けられる。

          

 しかし、10分足のボラも軽く20銭を超えるときがあるので気を緩めば、直ぐにLCを超える。

 それでも、1方向に動いてくれればそのLCも1回で済んで、その後ドッテンを入れればその損失以上に儲けられるし、更にそれ以上に儲けようと思えばドッテンを2倍すればよいのだ。

 損益レシオが0.94 と低いまだ怖さが先にたって、トレンドが十分あるときに100%取ろうとせず細切れにとっていたからだろう。まぁ、勝率が変わるだけで、どちらでも良いのだ  

 問題は20銭から40銭の幅での上下の動きだ。僕のこれまでの考えではこの場合連敗を繰り返すことになる。これも、やり方を変えれば細かく取れるのだろうけど、これも、まぁ、どちらでも良いその人の好みの問題。  

  MDDのコントロールはLC幅では出来ない。連敗を管理するしかない。多くのシステムトレーダが上手く行かないのはこの部分のようだ。(LCは出来てもMDDのコントロールはなかなか出来ないのである)

        ********

 さらに細かく分析すると

      連敗    連勝    DD     逆DD

2連続   5回    2回  -3000   +2800

3連続   2回    2回  -5100   +10600

4連続         2回   -2400   +6000

5連続         1回   -5300   +8500

6連続              -4500

1トレード最大負け  -2400

1トレード最大勝ち  +3900 

 細かい分析をすれば(連続した小さい儲けを一つにすれば)損益レシオは 1:2 となっている。MDDも6000以下でイメージ通りだ。

 上の勝率58.14% も僕の居心地の良いところなんだろう。 (なかなか40%には出来ない)

        ********

 来週の目標

 6000円以上の儲けの日を1日でも作る。52万にする。無理をしない。1万ドル取引を続ける。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年8月29日 (金)

今までにない感覚

 今日は週末であり、月末である、また、FX実戦のさいしょの週の最終日だった。

 それで、利益を+10000に乗せれば良いのにと思い頑張った。

 全ての感情を捨て、EMAとドル円の動きに合わせて売り買いするだけだった。

 数字だけを追っているだけだ。

 ここまで上がればとか、そのような希望も持たない。下がってもよいし、上がってもよい。

 今週の行って来いの動きを何度も繰り返されれば、そのように思わないとやっていられない。

 動きのパターンが3個ほどある。(もと有るけど)

 1. N字型

 2. L字型

 3. V字型

 この動きとEMAとうまく組合すことが出来るのかが今後の課題だ。

 例のごとく、最後は11:00の長めの陽線を買いにいって2500やられる。

  今週はこれでおしまい。

 500000 ⇒ 508550    +8550

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2008年8月28日 (木)

しんじられない

 今日は町内恒例のバーべキューで、 阪神大震災の後、空き地が出来てそれで、その空き地を利用して、みんなを励まそうと始めたものである。

 それで、4:00からその準備で出かけていたのです。町内のお肉屋さんが三田牛の美味しいところを提供してくれるので最高。一杯機嫌で9:00過ぎに帰ってきてPCでFXの続きを見た。

 単純な筋書きどおりである。4:00の時点ではそのまま下がるパターンとある地点でUターンするパターンを考えていた。

 後者のパターンだった。

 あそこでテジマッテ正解だったと思った。

 EMAも綺麗なUターン。

 これなら簡単、サルでも出来る。EMAを上抜いたところを買えばよい。(109.95ぐらい)

 それで、そのときは居なかったので仕方がない。

 9:28少し下がってEMAに接近してきたので、成り行きの買いを入れた。

 逆指値の注文も入れた。

 そのとたんである。10銭のスリッページを伴っての上げ。信じられない

 昨日も同じような動きをして慌てて飛び乗った。その後変なことをして十分にとることは出来なかったのだけど、今日は上手く動きに付いて行きたい。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっと

 実戦に移っていろいろと気付いたことがある。

 1.昼の動きと夜の動きは違う。昼の動きは右肩上がりであっても20銭下げて30銭あげるといった動きだ。

 2.もしも、LC・TSの幅を20銭にしていたら、それにかかって行って来いになる可能性が多くなる。

 3.EMAに沿った取引がベストとは言わないがベターであると僕は思う。最初の二日間はEMAと共にMACDを併せて見ていた。

 ところが、MACDを見ていると今がピークと違うだろうか、と気になりEMAが上向きにもかかわらず、買いで入れない。

 むかついたので途中からMACDを外した。

        ********

 そんなこんなで出だし2日は上手く行かなかった。LCの連続で-5000までいった。

 おまけに外野(息子)がうるさい。PCを見てはまた損したのかと言う。息子には投資の経験がないので1000円の損でも大きく見えるのだ。デモのときは何を言われても許せるが、実戦となればそうはいかない。実戦に集中できないからだ。

 昨日から上手く行くようになった。

 今日はこれから出かけないといけないので、PM1:50の陽線で手仕舞いする。

 トータル+7000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月25日 (月)

ほんま疲れる

 PM2:30ぐらいから流れがはっきりとしてきました。

 朝から売りもちのままでおいておれば、今頃はウハウハ・・・・だったのに

 中段持合では精神的な弱さが出て、裏目裏目の取引 -2700

 ドッテンウリを入れて今は追跡中だけど、どれだけ挽回できるか・・・・

 これまでも僕の取引はこのパターンだった。流れを掴むまで2回ほど、小さい損失を繰り返す、そして大きい流れを最後に掴む。sign02 (デモのように出来ればよいのだが・・・

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

がちがち

 今週からFXの実運用を始める。しかし、いざそれが始まると、体が固まってしまった。

それで、8:20からの上げのときに入ることは出来なかった。

MACDのピークを待って売りで入ったが・・・・・

肩に力が入り過ぎる。一応、最初は+300のリカク (EMAタッチでリカクしていれば+1300にはなっていたのに。しかし、しょぼい話である。)

EMAがまだ上向きなので、つぎは買いから入ります。

しかし疲れる。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年8月24日 (日)

より実戦的な

 MACD、EMA、一目、その他システムを

 検証や教科書通りに使ったとして上手く行くときと行かないときがある。

 だから、実戦ではそれプラス何かが必要sign02

 実戦では確実に利益を物にしていかないといけない。

 その為にTS・LCを置く。また僕のシステムの検証では時間的なことは全く考慮していなかったけど、実戦では時間的なことも考えないといけないのかとも思った。

 まぁ、TSによってある点で確実に手仕舞いとなりますから、時間的な面もTSがカバーしてくれるのですけどね。

        ********

 先週のドル円のチャートを見て、これまでの考え、スタイルを確かな物にしていきます。

 その前に売買のパターンを考えます。

1.MACD の陽転・陰転

2.EMA の向き

3.トレンドラインを超えたとき

4.MACD のピーク・ボトム

5.自分で決めたTS・LC

6.時間的手仕舞い。 (今まで検証でも実取引でも使ったことはなかった。デイトレは別)

            などが今回の僕の売買ポイント・パターンです。

          

まず、8月15日の動きから

C006 @110.65まで綺麗な上昇でした。

トレンドライン、EMAに沿った取引が正解でしょうね。しかし、
TSを掛けていたらEMAを割ったところ(110.13)で手仕舞いになってしまいます。
ここは反対に買わなければならないところですね。

 どこで、この上昇が止まるかが焦点ですが。
 

 上昇過程でMACDのピークは2回、買った位置によってはそこで放したとしても
間違いではないでしょう。(パターン1・4)

 パターン3では110.40の手仕舞いになります。

 パターン2も110.40の手仕舞いになります。

          

 そこから30銭幅の横の動きになります。

 この後の動きは110.65を越えられるかが問題ですから、110.50で売りから入り
LCを110.68においてそのまま寝てしまうのも一つの手だと僕は思います。

 かなりいい加減ですけどね。(笑い

 本当の売りのポイントは18日になってからのEMAが下向きになった時です
@110.45(パターン2)

 手仕舞いはパターン1・4・5が使えます。

 これに新しく時間的な手仕舞いも加えてもよいかもしれない。
上手く利が乗ったなら2時間後には手仕舞いするとか。

8月18日

C005 これは先週ブログに載せたのと同じ。

このときはまだ考えと環境が整っていなかった。

しかし、パターン1・4・2から言っても最後の売りは正解だった。

寝る前はTSは使えない。安全のためにLCだけは掛けておくけど。

そして、朝起きて即手仕舞っておけば正解だったのに・・・

8月19日

 この場合の手仕舞いのポイントははっきりしている。C004_2 
パターン1・2で109.75か109.85

急激な上げは行って来いとなりました。

TSをうまく使えばこの場合よいでしょう。

 まぁ、ここの上昇も2時間後には手仕舞いというルールを持ちうることも出来る。

 その後の下げの売買はMACDの教科書通りの売買です。トレンドラインも書けますね。

 ここではトレンドラインを引いてはいませんが、このとき僕はトレンドラインを引いて取引をしていたと思います。

8月20日 

C003  この時は日経が終わってから見たので買うのが遅れ、つぎの売り場を探していて、
そろそろ、MACDのピークだろうと思いEMAが上向きにもかかわらず売りから入って
ヤラレタ。

狙いは当たっていたのにタイミングが早すぎた。そして、LCラインがちょうど天井となり自動的に損切り。

 その後の売りはタイミング的によかった。そして、TSが上手く機能してくれた。

 EMAが下向きになり、綺麗に下降トレンドの線が引けそれに沿って下がっていった。

 MACDの各要素のピークごとに売っていくか、トレンド線、EMAにタッチ、
MACDの陰転で売ればよい。ただ真夜中のことで入れるかどうかは別・・・・

8月21日

 @109.68の売りはトレンド線とEMAの向きから売りで入りました。C002
途中TSにかかり。残念な思いをしましたが、仕方ありません。

 いったん様子見から、7:00過ぎにEMAの向きを見て売りから入りました。
こんな時は、あとはどこで手仕舞いするかだけで非常に精神的に楽です。
 
 これがもう2時間前の参入なら売りにしろ買いにしろ苦しいです。

 その後はEMAの向きも上向きに変わり、トレンド線も上昇のものが引け
なんとなく買いのポイントが分かるのではないでしょうか。

 MACDの各要素も陽転しています。

8月22日

C001  この日は買いではいるのが遅れてしまい、またEMAやトレンドに逆らって、MACDのピークで売りから入ってしまった。

 これはまずいと思い。その後ドッテンカイをした。ここからは精神的に楽である。

 その後、色んな手仕舞いの方法はあるのだけど。

 一夜明けても、EMAは上昇を続けレートもまだEMAの値より上にあります。

 EMAかトレンド線にそって逆指値を上げて行くのが正解のようです。しかし、これも真夜中のことで実際には出来ませんね。coldsweats01
         

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年8月23日 (土)

こんしゅうのまとめ

 今日、イワイFXデモを開いてあれからどのようになったのかチェックしようとしたらデモ期間が過ぎて開くことが出来なかった。

 この後、ライブ版を整えて来週からの実取引に備えないといけない。

 したがって、グラフを載せて今週を振り返ろうと思ったが、簡単にまとめようと思います。

          

 今週の試みはEMA・MACDを使って利が伸ばせるか。いらぬ感情を出来る限り排除するために最小ロットで取引をした。(途中2万ドルに増やしたことも1回だけあった)

 そして、中古ノートパソコンを購入したことも重なり、精神的に非常に楽な取引が出来ました。

 最後の最後に答えの一つが見つかったように思います。

          

 今週の結果

18日     -300    (途中+5500の含み益があった

             しかし、 まだ投資環境が整っていなかった)

19日     +300 

20日     +3000   (損失を取り戻すために今週の                   

                    ルールを破って2万ドル投入)

21日     +9000  (2つの武器がそろったノートPCとEMA)

22日     +5000  (利益は+8000だけど、それまでに

        必要経費みたいな損失がー2000と-1000があります。)

     

 合 計    +17,000円

  21日に108.38でリカクした後、また108.38でドッテンカイをいれたのですが、運悪くそれから下がりLCを108.18に入れていたのでそれに掛かってしまいました。

 20銭幅のTS・LCは微妙です。かと言って1万ドルのトレード当たり2000円以上の損は出したくありません。

 上のデモ取引では概ね損益レシオ4.00の取引が出来ていますからね。

          *

 今後の課題

 ただ、これが実戦になると負けたくない、もっと儲けたいという感情が湧いて来ます。3万ドルに増やしたときこの損失部分が6000円になります。そのときに冷静な気持ちで取引を続けられるかです。

 しばらくは、1万ドル取引を続けますが、もし仮に何年かあとにロットを10万ドルに増やす事があって、どうしても上手く行かないときがあれば、この2008年夏のデモ取引を思い出そうと思います。

 少しでも僕のブログが読者の皆様の投資のヒントになれば幸いです。

   

   

                

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月22日 (金)

あれから

 ドルが下がりませんね。NYも上げてるし。

EMAは綺麗に上昇しているし。

もうすぐ、MACDは陰転しそうなんだけ ど。

なにかあるのかsign02

売ってみよう。LCさえ入れておけば問題はないだろう。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

とちゅうからはいる

 僕の場合、環境が整ったので、前のように7:00からと言う事はない。

 しかし、もう既に上がっている場合の参入はちと困る。

 言える事はEMAの向きに逆らわないことである。

 MACDのピークに合わせるよりもEMAの動きに合わせたほうがよいといえる。

 PM8:20からの動きはすごかった。

 PM9:00になって

 TSは 109.72   EMAは 109.36

 MACDは新たなピークを造ろうとしている。

 たぶんもうすぐTSにかかるでしょう。そして、EMAは遅れて上がっていきます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思うに

 なぜ、意見が食い違うのか。みな目的は一緒だ。システム云々より儲けた者勝ち。

 それで、僕の場合トレンドにどのようにすれば乗れて、付いて行けるかを追求している。

 もしも、僕と違って、天、底を狙った売買をするなら、同じEMA・MACDを使った取引でも使い方が違ってくる。

 順張り、逆張りという区別はないな。まぁ、あるとすれば、押し目を狙うか、抜けたところで入るかだけの違いか?

 それで、天、底を狙った売買の場合、MACDの傾きをみればよい。

 もしも、5:00 に@108.94でMACDの陽転で買っていたなら。

 ・ いつもの、メジャームーブで予測すれば109.20ぐらいである。

 ・ MACDの傾きで考えれば、109.08か109.15で手仕舞い。

 ・ MACDのデッドクロス(陰天)109.11で手仕舞い。

 ・ EMAにそっておくれたいちに逆指値を入れてついていく。

 ・ トレール注文をいれついていく。

 7:20の時点でEMAは@109.12になり。トレール注文は夕食をとっている間も上がり@109.13になっています。

 どこまで上がるのかなぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さえない

 午前中は日系のほうが気になりFXのチャートは見ていなかった。

 それで、FXのチャートを開いたのが前場が終わってからだった。

 EMAが少し上向きで、ろうそくの髭がそれにタッチするかしないかの状態であった。

 そこで躊躇なく買いで入ればよかったのに、@108.75と@108.55にアラームを設定して遊んでいた。もしも買い売りで入っていたならその値にLCを置けば良い。

 そして、コメントの返事を書いていたのである。

 まぁ、コメントを書きながらチャートを見ているから、動き出したのは分かっていた。

 しばらくして、アラームが鳴った。でも、指をくわえて見ているだけだった。

 12:20 だったか上髭を作り上げが止まった。その10分後@108.99で売ってみた。

 これも、2000程の含み益があったがそれも先ほどわずかな利益で手仕舞いとなった。

 さえない

 つづけて、ドッテン買い

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2008年8月21日 (木)

金メダル

 やっとUSAに勝ったscissors おめでとう

 FX は 7:20 に@108.78で売りから入った。理由はEMAがまだ下向きだった。そして、EMAにロウソク足の上限がタッチするかしないかの位置であった。

 まぁ、パターンはまったく昼と同じ。

 LCを108・95TS(20)で発注

 今回はすぐに下がり始める。ソフトボールを応援しながら、チャートの動きを見ているだけでよかった。

 9:30 に娘を駅まで迎えに行った。ちょうどソフトの最終回であり、そろそろFXも家に戻ればTSにかかっているだろうと思って家に帰ってくると、やはりどちらも決まっていた。

 リカク @108.38 +4000

 次も同じパターンでよいのだろうかsign02

 2時間遅れてEMAが108.47のところまで下がってきた。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

また面白い事を思いついた

 手仕舞いには悩む。また次に買いから入るとすれば何処で入ろうか悩む。

 しかし、まあそれほど慌てて行動することもないようである。

 それで何を思いついたかと言うと。

 こんなけ急に下がれば、EMAは後から遅れて付いて来る、それで今後を予測するためにEMAの上に直線を引いたらちょうどその直線に沿って下がっていくではないか。

 もしもまだ売りもちを持っているなら、EMAを手仕舞いの目標にするか、その線に沿って逆指値を変えていけばよいのである。(今頃気がついても遅い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まったかいがあって

 2:00 に MACDが陰転するまでは我慢が必要だった。

 しかし、EMAと下降トレンドをタッチはするが上抜いて上がる事はなかった。

 ここでの問題は注文の出し方だけだ。

 注文を出すということはある程度の予測が出来ないと出せない。(完全自動のシステムであればほっといても注文を出してくれるのだが・・・・)

           

 2:00前の僕の注文はLC109.85(TS20)と指値109.44であった。2:00に突然大きく下がり始めたので指値注文を取り消しトレールの幅を15銭に変えた。

 結局2:30ジャストにTS109.18で手仕舞いとなりました。

 これがもし深夜のことであれば注文の訂正取り消しも出来なく最初の指値109.44で手仕舞いとなっていたでしょう。こんなときは朝起きてがっかりしますよ。(まだまだ人間が出来てないから。)

 その後も下がっているので、109.18の手仕舞いでも満足していない。coldsweats01

 後はゆっくり考えよう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

にほんじかんで

 先に、このブログでは自分の思いついたことを素直に書いている。時には間違った事も書いている。反対の意見の人もいてるでしょう。それはそれでよいと思う。いろいろな意見受け止め方があって世間は成り立っているのだから。買い方ばかりだと相場は成り立たないのと同じ。

 だから、よその掲示板やコメントでは書けないことも、ここでは好きなように書ける。飾ることはないのだ。今の素直な気持ちをこれからも書いていこうと思う。

        ********

 今日は初めて日本時間でのFXデモトレードをしています。

 朝8:30にPFを点ければ昨日の5:00から同じようなパターンで下がっている。EMAも下向きなので売りから入ることにする。

@109.68 1万ドル売り

 MACDは11:00に陽転しているが・・・・

 まだEMAが下向きなので様子見

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年8月20日 (水)

7:00 ジャスト

 5:00 に帰ってきてFXを見ればもうすでに上に動いていた。EMAは上昇、また、綺麗な上昇トレンドラインが引ける。それにもかかわらず売りで入ってしまい軽くやられた、。

 7:00をめどにもう一度売りではいろうと考える。

 7:00前にMACDが陰転、そしてトレンドラインも下回る。EMA@110.08も下回ったので、PM7:00ジャストに2万ドル売り。

 その後順調よく下がっている。MACD系の各指標も順調に下向いている。

        ********

 次に考えないといけないことは、LCのせっていとリカクの位置

 1. @109.90に設定しようか。下にある上昇トレンドライン

 2. EMAに沿って逆指値を下げていこうか。

 3. MACDの陽転するのをを待つ 

 4. かからない程度にLCをおいて、思うとおりの方向に動きかけたら、トレール注文を出す。

 ここでまずい事をすると利益を小さくしたり、損失に変わったりする。手仕舞いは大事というより難しいのである。

 参入時の心理状態はほぼ白紙の状態である。しかし、手仕舞いのときは色んな事を考えてしまう。また、色んな揺さぶりもあるのである。

 だから、そのような感情に捕われないように、システムのような出来るだけ客観的ななんらかの方法、や指標が欲しいのです。

 従って、出来るだけシンプルで誰が見ても同じ判断が出来る指標があれば良いのにと思います。

 しかし、上手く行くか上手く行かないかは運に左右されます。

 そしてなかなか思うように動いてはくれません。

        ********

 8:00から10:30は横横の動きで非常に苦しかった。このように横への動きのときはEMAを何度も跨ぎます。

 上昇トレンドのときは、ロウソク足の下限がEMAにかかります。

 急激な上昇であればEMAから完全に離れます。

 下げの場合はこの逆になります。

 10:30以降はTS(10)で追いかけました。

 11:15 に@109.83 で手仕舞いとなりました。+5000

 それまでのマイナスを引けば+3000となります。

 今日はこれでやめておきます。

 この後の作戦としては、EMA(109.91)にタッチしたところを売りではいるのもよいかもしれません。 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

つづき

 買いは失敗か一応今日は@109.67のLCに掛かって終わり。

 -1300

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月19日 (火)

つづき

 9:30 の動き上に行ったり下に行ったり、結局上に行った。

 MACD,EMAが共に陽転。

 僕は@109.80で買いを入れる。この場合、せこく行くなら、109.82に買いの逆指値と109.67に売りの逆指値を入れておけばと思う。

 そのまま、109.67の注文は一応のLCと成ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つづき

 5:00台 に売りで入った。あまり深く考えていない。MACDが110.30から陰転していたから、

 7:00過ぎにPCを開いたらMACD,EMA,トレンド線が全て下向きだった。

 9:00に上髭がEMA(109.85)に掛かる。予めここに逆指値を出していたので+1600の利益確定

横横の動きになってきた。MACDから言えばここから流れが変わるかもしれない。

ここから買いで入っても面白いが、正解かどうかは分からない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IN が大事かOUTが大事か

 今日、注文していた中古ノートパソコンが昼に届いた。

 色々と設定をしないといけない。

 一応、イワイFXプロのドル円のリアルチャートが見れるようになったのは5:00過ぎだ。

 その間、電気店へLANケーブルを買いに行ったりしていた。その行き帰りに、参入が大事か手仕舞いが大事かについて考えていた。

        ********

 FXの結果は大変アホなことになっていました。coldsweats02

 昨日、あんなに上手く入ることが出来たのに、LCを@110.32に置いたままにしておいたら、5:00過ぎにイワイFXプロを確認すると-800の損切りになっていました。

 当然、監視をしていたなら、MACDの陽転で手仕舞いするかか、または監視が出来なくとも正午の時点でEMAのところに逆指値を入れておけば正解です。

 しかし、これも運の問題で寝ている間にLCに掛かることもあります。

        ********

 参入のときは誰も勝てると思い入ります。(ちょっと違うけど

 間違っているかもしれないけど、条件反射のように何も考えずに入ることもあります。

 しかし、その参入が正しいかはその時には分りません。僕は参入した瞬間から不安になります。凄く不安になります。 

 参入をすれば必ず手仕舞いのことを考えないとなりません。失敗であったとき、成功したとき、放置の方法、どうすれば利が伸ばせるのかなど数パターンの手仕舞いポイント、方法を考えます。

 手仕舞いが下手なら、ある時点5000円儲けていたのに-800円のLCで手仕舞ったと言う事も起こります。(笑い

 僕の父などは三井金属で、ある時点80万の含み益があったのに手仕舞が下手だから今は130万の含み損です。ある時点で利益が出ていたということは一応参入時点は間違い出なかったと言う事です。

 この反対に手仕舞いが上手ければ、例えその参入が失敗であったとしても、最小限の損失で済ます事が出来ます。また成功したときに利を伸ばす事が出来ます。

 と言っても参入が上手ければ後々楽なんですけどね。

 この後も中古ノートパソコンでMACD、EMAとFXとの相性を検証しようっと。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

・・・・・

 こんなに下がるのであれば、昨日慌てて買い戻す必要もなかった。残念

 かと言って、ここから売り込めばまた反撃を喰らう可能性もあるし。

 一応、新光証券を1000株だけ売り直した。実質1万のマイナスである。(また苦しめられるのか???)

 ポジション的にはこれで売り買い同じ数量になった。日経が全面安になろうが、全面高になろうがさほど慌てる事もない。

 FXの方は昨日の売り持ちをそのまま、一応LCを@110.32において寝たのだが。今までのようにトレール注文は出さなかった。これは結果論だが、もしも、中途半端なトレール注文を出していれば引っかかっていたのである。

 昨日の売りのポイント@110.27は全ての面で完璧だったと思う。scissors

 11:00 @109.80 だから、トータルで+5000の含み益だ

 ここから、TS(20)のトレール注文で追っていくのも良いし。PCを監視できるのであればMACDやトレンドラインなんかを使って、手仕舞いのポイントを探るのも良いでしょう。

 どうすれば無理なく利を伸ばせるか,考えてみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月18日 (月)

指数移動平均 の利用

 盆明け、どうなるのかと見ていたら、安く入って上がった。

 寄り付きに売り持ちをリカクすればよかったのに。大引けで手仕舞いをした。

 10万ほど儲ける予定が、今度、FX発注用に買う中古のノートパソコン代しか稼ぐことはできなかった。

 ポジション調整も時にはしないと、身動きも取れないので、FX取引を実際に始めるにはこのリカクもある面正解のようにも思う。

 また、ひょんなことから新しいシステムも一つ出来これも併せて、FX取引に生かそうと思います。

        ********

 指数移動平均 と 株価の交差を売買の基準にしていたら、絶えず交差を繰り返すので、それだけを用いても使い物にならない。特に持ち合いのときは、下手をすると往復ビンタを喰らう。

 そこで必要なことは各線(MACDの各要素)の傾きだ。移動平均の傾きが緩やかな場合は参入しない方が良いだろう。まぁ、これは当たり前のことなんだけど・・・・・

 5:30 B +1万ドル @110.25

 EMA25 の傾きを見て買いではいる。

 8:00までの20銭内の動きでは、儲けは出ないな。

 8:20 やっと110.30を越えて上に動き出した。

 出来るだけ僕の新しい投資基準(EMAやMACDの活用)に沿った売買を心がけたい。(@110.35でもリカクしようと思えば出来る。しかし、敢えてそれはしない。)

 10:20 S -2万ドル @110.27 +200 

 MACD 陰転(デッドクロス) を利用してドッテン これは正解。指数移動平均も下向く。今回のテストは金額のことは考えないで、EMAやMACDの活用でどれだけのことが出来るか試します。

 だからロットは1万ドルと決めて、取引をします。だから、結果はしょぼいです。

 11:35 B +1万ドル @110.24 +300

 これは、指数移動平均@110.24に逆指値を入れていたら掛かってしまった。

 11:45 S -1万ドル @110.23 

 売り直し 110.32 でドッテンの予定 すごく微妙

 今日はこれでおしまい。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EMA

 シンプルだけどEMA(30)を終値が超えれば買い。下回れば売り。ドッテンシステム。ストップはかけない。

 このルールで検証してみた。

 トレンドがあれば強い。持合では弱い。だから勝率は34%と低い。

 しかし、ストップがなくてもEMAがストップの役目をするので損益レシオは4.75と高い。

 その結果 PF 2.35と2.00を超えた。

 ストップがない分、エクセルの各式が非常にシンプルだサインの条件式も非常にシンプルだ。

 も一つ良いのはパラメータが1っ個

 しかし、問題は勝率の低さ。思うに勝率が60%なら普通の人は満足するけど勝率が40%以下になると耐えられない。(僕も耐えられない)

        ********

 6462 リケン

 期 間 2003/2/17 ~ 2008/8/15

運用日数 1355日
初期資産 290.00 円
最終資産 1107.00 円
取引回数 106回
勝率 33.96%
純損益率 281.72%
日率換算利回り 0.1%
月率換算利回り 2.04%
年率換算利回り 27.41%
シグナル発生頻度 7.83%
最大ドローダウン 12.96%
年率ボラティリティ 26.08%
年率シャープレシオ 1.05
プロフィットファクター 2.35
ペイオフレシオ 4.57
年間営業日数 245

 平凡な数字だけど、トレンドフォローはこんなモンだろう

 他の銘柄でもこの程度の結果が出ると良いのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月17日 (日)

やはり間違い

 結果が良すぎた。

 いろいろ式を変えながらやっているので、式の訂正をしていなかったので完全なデータの先読みだった。

 ガッカリ 

運用日数 1355日
初期資産 290.00 円
最終資産 995.00 円
取引回数 121回
勝率 32.23%
純損益率 243.1%
日率換算利回り 0.09%
月率換算利回り 1.87%
年率換算利回り 24.97%
シグナル発生頻度 8.94%
最大ドローダウン 20.17%
年率ボラティリティ 25.82%
年率シャープレシオ 0.97
プロフィットファクター 1.89
ペイオフレシオ 3.97
年間営業日数 245

PF 損益レシオ はまずまず良いのだけど勝率低すぎ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MACD 検証

 確実に天底を予測する技術が僕にあれば、苦労はないのだけど、それがないのであれやこれやと苦労する。

 それで、今回のFXではMACDを利用しようと思った。

 それで、いつものようにエクセルで検証するのだけど、上手く行かない。

 チャートを見れば上手く行くはずなのに、結果が出ない。

 なぜ????

 原因は

 サインが出て、翌日より付きの参入、手仕舞いでは、どうしても良い結果は出ない。

 なぜ、その日の引け前にほとんど結果が出ているのに、翌日まで待つ必要があるのだろうか、そのための自動取引ではないのか。

 FXの短期取引でもそうだが、待つ事も場合によっては必要だが、躊躇なく決断しないといけない時もある。

  それで、MACDをその日の引けで決済するようにしたら、凄い結果が出た。それでも、使い物にならないよと言われればそれまでなんだけどね。・・・・・

 ただ、その日の引け値で結果が出ているのに、翌日まで待つと言うのでは実戦では勝てないように思うのだけど・・・・・

 特にFXには切れ目がないのでなおさらそんな事はいえない。

 上手く予測が出来ないから、絶えず自分で監視するか、出来れば完全自動にして対処しないといけないのだけどね。

 MACDの要素

 短期EMA

 長期EMA

 MACD : 短期EMA-長期EMA

 シグナル : MACDの単純平均

 OSCI : MACD-シグナル

 この5個がMACDの要素です。

 そしてこの要素をどのように使うかは自由だけど。

 結 果

運用日数 416日
初期資産 240.00 円
最終資産 2459.00 円
取引回数 68回
勝率 82.35%
純損益率 924.58%
日率換算利回り 0.56%
月率換算利回り 12.1%
年率換算利回り 293.69%
シグナル発生頻度 16.39%
最大ドローダウン 1.97%
年率ボラティリティ 48.61%
年率シャープレシオ 6.04
プロフィットファクター 28.06
ペイオフレシオ 6.01
年間営業日数

245

 まぁ、後でガッカリするのは分っているけど。これが本当なら素晴らしい

 つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とにかく

 FXの実運用を始めるにはイワイFXプロに対応できるPCを購入し投資環境を整える事が先決だ。

 発注だけ出来ればよいのだから、XPで良いし、出来るだけ機能の少ないもので良いのだ、今のパソコンにはフロピーが付いていないのにも困る。DVDドライブよりFDDが付いている中古の方が僕にとっては都合がよい。

 そして、購入金額は少ないほど良い、まぁ、これが最大の理由だが、今、中古をインターネットで探している。

 今までノートパソコンを使った事がないので、今回はノートパソコンを選ぼう。

 30,000円ぐらいで掘り出し物があるようである。

 5年前の製品を選んだ、ソニーにしようか富士通にしようかで迷った。どちらも当時は20万円を越えていた品物です。

 目的がFXの発注用とはっきりしているので、それプラス色んな事に使えたら3万円は安いです。

 もしも、今の最新の物を15万で買ったとしても、それを使いこなせるか、15万円分を使いきれるかと言えば僕には使い切れないように思う。

 そして、今使っているPCは検証作業で酷使している。だから、絶えずフリーズする。

 まぁ、そんなこんなで、味も素っ気もない頑丈そうな富士通の中古を選んだ。

        ********

          FUJITSU

          LIFEBOOK FMV-7000NA4

OS Microsoft Windows XP Professional
CPU Mobile Intel Pentium 4 2252MHz
メモリ(スロット(空)) 256MB/最大1024MB(2スロット(0))
HDD 20GB
モニタ 14.1インチTFT XGA(1024×768)
ノートPCサイズ A4サイズ
ドライブ1 CD-ROM
FDD 3.5型内蔵
LAN 100BASE-TX/10BASE-T
USB USB2.0×4
PCカードスロット TypeIII×1またはTypeII×2、CardBus対応
外形寸法(mm) 幅318×奥行269×高さ45
質量 3.2kg
発売年月日 2003年04月

  とにかく、これで頑張ってみようか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月16日 (土)

1週間のまとめ その2

FXデモトレード 

 これは実際の取引ではありません。

1日の目標額

 損失額    -6000円

 利益額    +12000円

        ********

 6日目      +3100円

 7日目      +18100円

 8日目      -1600円 

 9日目      -8600円

 10日目     +3000円

 合 計     +14,000円

        ********

 先週とほぼ同じような結果になった。しかし、トレール注文にも何か限界を感じる。

 トレール注文が有効なときは一方的に大きく動くときだけだから。

 そこで、トレール注文に頼らない取引をしようとすれば、何処かに利益確定の指値注文を出さねばならない。少しの予測も必要となる。

 前の直近の高値・安値(8/15で言えば110.60と110.25)の内側3銭に指値注文を入れるのも一つの方法である。( アンカーと言う考え方 )

 また、40銭以内の小さな動きのとき、じたばた動かないのか、それとも1000円でも取るのか、これは難しい。

 どんな方法も上手く行くときと行かないときがある。110.60でもっと上がると読めば買いのせだし、ここまでと読めば売りである。悩ましいところだ。

 派手な大きい勝ちを狙うのか、地味ではあるが絶対に負けない方法を採るのか

 自分の中にも二人の自分がいて、ブログ的には取引数を増やし派手な大きい勝ちをしたいのだけど、それは上手く行かなかった。

 じっくり、過去の動きから次の方法を考えよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10日目 結果

 予定通りPM.7:00に売りで入る。

 @110.48  1万ドル 売り

 LC を 110.88 指値 110.23 におく

 しかし、その後、上がって苦しい。このまま注文を置いていたらよいのに、110.60で損切り

 @110.60  1万ドル 買い  -1200

 @110.61  1万ドル 買い

 その後 下がってきたので

 @110.51  5万ドル 売り  -1000

 その後また上がるし苦しい。

 指値をそのままにしておけば、最初決めた注文にしておけば、と反省、

 全く動きが読めてないと言うか、動きは30銭内の動きなのだからじたばたする必要もないのだけど、ビビッテしまっている。

 11:00 にやっと動く、しかしここでも失敗?始め110.25に注文を出していたのに、その注文を取り消して、トレール注文(20)@110.38に変えたら、直ぐに反発が始まり、@110.38で手仕舞いとなる。ある面正解かも?

 @110.38  4万ドル 買い +5200

 合計     +3000円

 本当はもっとアホな事をしている。売り買いのポイントは書いた通りだけど数量によってはマイナスになったりするのである。頭に血が上るのである。

 

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2008年8月15日 (金)

10日目

 結局、昨日の10:30ぐらいから上がり続けている。

 日本時間の間に、買いで入っていたら儲かっていたのに・・・・・

 今日は、親戚が墓参りに来ていたのと、朝早く起きて疲れているのとで、落ち着いて相場を見てはいられない。まあ休んでも良いところだけど、デモ取引最終日と位置付けて今日も頑張らないといけない。でも、来週から即、実運用を開始すると言うのではない。

 

 僕には、実取引に移るには問題や心配が沢山ある。

 ・ 最大の問題はPCが古すぎて、イワイFXプロに対応できない。

 ・ ゆっくりFXを出来る時間が限られる。

 ・ デモでは良い成績を出しているようだが、実は色々と加工している。

 ・ 上下に揺さぶられたときの対応。

 (実取引では、負けは負けで、良い事だけを書いても仕方ない。このようなブログで書いたデモと同じような取引が実際に出来るかと言えば疑問だ。これは、システムトレードでも言える。実取引ではなかなか理想の取引はさせてもらえないのである。)

 ・ 1日損失-6000円を守れるか。

 ・ 負けているときに、熱くなって取り引数を増やしてしまわないか。

 ( -6000円を守ろうと思えば、取り引数を2万ドル以内に抑えないといけない。2万ドルならLCを30銭離しておく事が出来る。揺さぶりは20銭を超えることが有るからロットを2万ドルに抑えておいて、こつこつと利益を拾っていった方が良いのかもしれない。)

 個別でも言えるけど、10万ほど一気に儲けたいから、なかなか、2万ぐらいの利益では満足できない体質になっている。せめて4-Rの利益(8万)と考えてしまうのである。

  など

 まあ、そんなこんなで、今日は7時ぐらいからデモ取引を始めようか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9日目 結果

 起きてみれば LCに掛かっていた。

109.68 ⇒ 109.85   -1700

109.56 ⇒ 109.85   -2900

合 計     -8600円  

 ・・・・・・

 細かく取った方が良いのか ???

 MACD 何かも無視したし、トレンドラインなんかも無視したし、

 負けていたら、取り返そうと、頭に血が上るし、

 反省する事は多い。

 まぁ、デモ取引のラスト 頑張ろう。 run

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9日目

 3:29 より売りで入る。109.50を割ったところで入りたかったが、もう少し確認がしたかったので少し入りが遅れた。( MACD,とラインの確認 )

 109.43  売り -2万ドル

 109.63 LC  +2万ドル  -4000

 気を取り直し7:00より参戦

7:20 S -1万ドル @109.68

 9:30 の嫌らしい動き @109.56 で1万ドル売りのせ

 リカクするチャンスはいっぱいあったのに、LCを@109.85に入れて寝ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月14日 (木)

8日目 結果

 個別株 は 

 上下に動いて、なかなか思うようにはなってはくれない。

 FX は

 1万ドル 売り持ちで 昨日寝たのだけど、起きてみると、あれから1円も上がっていた。

 一応LCの注文を入れて寝たのだが、それがいくらで入れたのか覚えていない。多分、今回は40銭ぐらい離して出していたと思う。それで-4000の損失確定

 合 計    -1600円 

 デモ取引終了まで残り2日、週間3万円と言う結果を残して終わりたい。

         ********

 資金30万で1万ドル~3万ドルの間の取引だから、最低ラインの取引だと思う。

 投資資金に応じてこれに何倍かすればよいのだ。もちろんそれに応じて心理的負担も増すのだろうけど。それは人それぞれだ。

 僕の目指す投資方法は誰もが安全に、簡単に、出来、確率的にも正しい方法だ。

 そして、このブログの初めから一貫した考えは1-Rリスクと言う考え方だ。

 それに、今回、確率を味方につけようと思えば、長く続けないと確率の意味がないと言う事も解った。

  1-Rリスク6000円の損失で5-R30000円を儲ける。

 これが僕に理想です。 青本の教えでもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月13日 (水)

8日目 記録

 4:07 B +1万ドル @108.89

 4:18 B +1万ドル @108.81     LC,TSなしで様子見

 7:58 S -2万ドル @108.95 +2000

  1時間以上待ってそれ以上上がらなかった場合、下がる瞬間を狙って 一旦利益確定した方が良いのかも?この感覚はこれまでの僕にはなかった。ドッテンするポイントでもある。前に何回か経験したパターンである。

 8:02 S -1万ドル @108.92

 9:01 S -1万ドル @108.84      LC109.04 T108.58

 あまり際どいところにLCはおけない。今も髭につかまるところであった。ホッcoldsweats01

 9:30 の動きは揺さぶりだな。これも前に何回か経験したパターンである。

 また下がりだした。それに合わせてTS(30)と指値を下げていく。

10:32  B   +2万ドル @108.86  +400     

 TS にかかる。しょぼ 108.60で買えたのにsign02 happy02

 10:43 S -1万ドル @108.71       様子見

TS にかかって下がるからな~困ったもんだ。トレンドラインぎりぎりに出しているからいつも掛かって逃げられる。今朝のパターンもそうだった。7000円ほど儲け損ねた。TSの幅を決めるのは難しい、微妙である。

 一旦休憩

 つづく

      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8日目

 4:00に長めの陽線がでる。

 直ぐに反応してしまう。@108.89 買い ( その時の高値つかみ。 )

 懲りずに@108.81 でもう一本買う

 @108.65 で買い指値 ( これは出来ず )

 一応、LCを108.45に置く、余裕が出来てきたので、やや広めにLCを採ることにする。

 少しの揺さぶりに動揺しない為だ。1時間半待ったら上に動き出した。希望では109.20ぐらいまで上がって欲しい。

 つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モンティ・ホールの考察 4

 つづき

 もしも、最初から全額賭けると、1/2の確率で破産します。

 2/3の確率で勝てると言っても、これは、確率であり100回も続ければその確率に近づくと言う事で、最初の確率は1/2と言っても良いです。

 全額賭けて100万両にする為には4回連続して勝たねばなりません。

 仮に2/3としても、4回連続して勝てる確率は1/5です。

 1/2とすれば1/16

 1/3とすれば1/81

 仮に1/16の確率なら100万両手にする前に15回破産しますから150万両の損がでて50万の損になります。

 僕は感が悪いのか、2回しか連続して勝ちません。既に6回破産しています。

 破産すれば暗~いメッセージが表示されます。

 おわり

 おまけ

 後でやってみたら、4回目に、4連勝してしまった。確率が1/5であるなら、4回破産して(40万両なくして)、5回に1回130万両手に入れるのも一つの手かな?

 初期資金が300万両あっての話だけど (笑い

 確率は正しいんだ、と改めて感じました。

 恐怖心や欲のために実際には上手く確率通りには行かないのですが、確率を味方につけましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7日目 結果

 今日は墓参りをして今帰ってきました。

 FXは残り1万ドル売りは@108.60でTS(20)に掛かっていました。更に+11500利益が増えていました。(しかしこれは完全バーチャルです。)

 合計    +25900 円 

訂正 TSは、@109.34で掛かっていました。+3700の利益です。

 訂正後 合計 +18100 円 ( 実際 )

 TSの幅を決めるのは実際難しいです。10銭にしてみたり、20銭にしてみたり、PCを見ていたなら、TSに掛かった後、再度同じ方向に入ることもあるし、ドッテンすることもあります。

 色んなパターンが考えられます。 次回 そのパタンについて考えます。( 値幅のパターン ) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7日目 つづき

 朝起きたら、FXはあれから上がる事もなく下がっていた。

 後から売った2万ドルは@109.27で一応リカク +9600

 残り1万ドルは109.50を基準にTS(20)で追跡

 -6000の損失は覚悟していたのだけど。掛からずに良かった。

 いつもこんな取引を目指しているのだが・・・・・・

 これで、7日目の利益は+18000は確定である。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年8月12日 (火)

たんなるきろく

FX つづき

6:00 の動きにははばたばたさせられた、+300円の儲けとなった。

@110.21 で1万ドル売りは8:50に@110.14で手仕舞いとなった。+700円

さらに下げ始めたので、躊躇なく@110.08 2万ドル売り TS(10)で追跡開始

一応、雲の下限に来ているけど

9:30 TS@110.00 にヒット +1600円

40銭の幅の動きが3回あったので、それぞれ2000円 もとれたらよいだろう。(いまのところ+6600である。)

変な上髭をつけて下がるから、慌てて追撃売り、すぐにTSに掛かる +100円

動きが早すぎて、グラフが枠いっぱいにはみ出しして判りにくかった。

次は、109.88で1万ドル買いで入ってみる。TS(20)、利益目標雲のした@110.07

ころころと考えも変わるのだけど、ジグザグに動くのであればそれに合わせるだけで良いのかも知れない。

10:10 109.70 でLC-1800 @109.71で新たに1万ドル売る。ここからドツボにはまりそうなよかん。

つづく

| | コメント (1) | トラックバック (0)

7日目

 出だし好調

 3:52 4:02 4:03 の3回に分けて1万ドルづつ売ってみました。@110.06 3万ドル+3900

 1時間粘り4:58@109.93で手仕舞いしました。ラスト1分かな?

 ここからまだ下がるかもしれないけど 一応手仕舞っておきます。よく考えたら僕の、2:45の考えと似た所があるのかもしれない。

 ラスト1分の考えは長めの陰線、陽線、髭足に有効である。

 つづく

 そろそろ実戦を頭に据えた行動をしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どないしよう

 個別株は 上がりはしなかった。僕のポジションは今日も安泰。 ホッ coldsweats01

 ここは、じっと我慢、がまん、ガマン、多少反発があったとしても、がまん

 AOC、も 新日鉄、も 新光証券、も みずほ、も がまんしてたらなんとなく思い通りの方向に向かってきた。 あとはJTだけ、これも今のところ心配はない、多分下がってくるだろう。(完全な自分の希望)

 FX は狭いレンジを行ったり着たり。6日目は

 12:00の時点で止めていれば、上下40銭の動きの半分を捉え1万ドル投資で4000円ほど儲ければ御の字であると思う。

 ところが、その後、ご発注があり、頭に血が上り15万ドルの取引になってしまいました。

 寝る前にもう一度見てみればプラスになっていたので、とっさに成り行きで手仕舞い。+6000

 朝起きてみるとポジションは残ってないはずなのに15万ドル@110.17売りとなっているではないか。

 成り行きで手仕舞いした時に、先のロスカット注文を消し忘れていたのである。

 幸運にもこれもプラスになっていたので、@110.13でリカク+6000

 調子に乗って、@110.16 でまた15万ドル買う、

ここで、LC注文を@110.06で6万ドル、指値注文を@110.26で6万ドル OCO発注していたら不幸にもLCにかかり上がっていく。その後110.30が有ったので残りは@110.26で売れていると思ったらLCの段階で片方の注文はその時点で消滅していた。

 結局次にあがってきた2:45に全て決済 -6000と+10000

 6日のトータルは +19100 となりました。

 7日目をどうしようかと考えているのですが、4:00になってやっと動きかけたようです。

 売りから入ってみます。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

モンティ・ホールの考察 3

つづき

絶対に負けないやり方は次のようになるだろう。

・ 10回やって、6勝4敗以上ならそれで良し。しかし、先は長い牛歩である。snail この時点で傾向はわかる。

 僕の今回のこれまでの勝敗は8勝2敗だから、10万両が16万両になる。負けの多い扉(A扉)を最初に選択するので。このまま、最初の扉は(A扉)とする。

 しかし、1回に2分も掛かる、退屈で面白くない。しかし、現実の相場はもっと時間が掛かる。だから、これぐらい時間が掛かっても良いのかもしれない。

・ 20回やって、勝敗は15勝5敗で資金は20万と倍になった。それで、掛け金を2倍の2万両に増やす。やはり、A扉は1/4と最も弱いので、このまま、最初の扉は(A扉)とする。.

 この8勝2敗のペースで増えれば20回で倍になったのだから40回で4倍に、60回で8倍に

 そして、65回で100万両になる。

 確率2/3で行けば100万両になるには99回はかかる。(もしも、1回あたり1万両しかかけないなら270回もかかる。)

 ここで気をつけたいのは焦って掛け金を多くしすぎない事である。これさえ守れば確実に増えていくのだから。・・・・・

・40回やって、勝敗は28勝12敗で資金は32万となった。勝率は75%から70%に落ちた。

流れが少し変り扉Cのハズレが多くなったようである。まぁ、予定の確立2/3に近づいただけだ。ここから、掛け金を3万両に増やし最初の選択する扉を扉Cにする。

・47回で40万を超えた、掛け金を4万両に増やす。やや勝率がアップした。扉Cに変えて正解であった。

・50回で50万を超える。掛け金を5万両に増やす。次第に資金の増える速度が増していく。これが、狙いの一つである。

多分このペースで行けば60回ぐらいで100万を超えるのではないだろうかsign02

・54回 60万を超える。掛け金を6万両に増やす。

ここで熱くなってはらたいらに40万とやってしまったら、(かなり古い)・・・・おしまい。絶対してはいけません。テレビ的には面白いけど、実戦では確実に利益を伸ばす事である。恐怖心も要らないし、焦りも要らない。

・60回やって、勝敗は42勝18敗で資金は61万となった。勝率は70%である。54回を過ぎてから扉Cの当たりが増えてきた。ハズレが多いのは扉Bである。最初の選択する扉を扉Bに変えてみる。このペースで行けば90回ぐらいで100万両は達成するのではないか。時間は2時間を超えている。

          cafe   cafe   cafe

 >>ところで、昨夜このゲームを数時間やっていて究極の勝ち方、というより絶対に負けない方法を発見しました。

 このゲームの作者は上のように言っておられる多分100回以上繰り返されて100万両を達成されたのであろう。

>>つまり、この選択方法を毎回変えずにやっていると、最終的には勝率は66%となると言うわけです。

 問題は、この66%を越える方法を見つければよいのだ。そうすれば、このゲームの作者を超えられる。それと、重要なのは掛け金の決め方だ。

        ********

63回 80万を超える。掛け金を8万両に増やす。

64回 リーチ 90万を超える。

65回 最後9万両を賭ける。祈る思いである。最後扉が開かれます。そこには見事小判が有りました。

      annoy  100万両達成おめでとう  annoy

       小判と紙吹雪きが乱舞します。

 勝敗は47勝18敗で資金は105万となった。勝率は72%。

 要した時間 2時間32分13秒

        ********

最初の目標どおりである。 最初に選択する扉は3回変えた、それはどれも正解であった。それで、最終的に勝率は66%より良くなった。

 流れはある期間は同じでも、ある時点から変る。だから、その流れに沿った作戦を立てなければならない。しかし、作戦をころころ変えなさいと言うのではない。大きな流れを捉える事だと思う。

 しかし、根気の要る仕事だ。長く続けないと確率の効果は出ない。

 そら、最短なら初めから全額賭ければ・・・・・ 

 4回で100万達成だ この後試してみよう。

 つづく

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年8月11日 (月)

6日目

 個別株の方はNYが金曜日大きく上がっていたので、売り持ちがどれほど上がるのか、ビビッていたのだ。ところが、朝から、買い持ちのAOCが大きく上がっていたので絶えずプラスであった。また、寄り天気味でもあった。落ち着いて見ていられた。

        ********

  デモ取引をしているフォーチュン社からメールがあり、もう直ぐデモを終了するとの事。

 かなり頻繁にデモ取引が出来たので、良かったと思う。

 今遊びでしている、パズルハウス のモンティ・ホール というゲームと併せて、予測(てくにかる、ふぁんだ、じゅきゅう、にゅーす)以外に、機械的な取引(発注の仕方)と掛け金のバランス(リスクのとり方)で、コンスタンスに利益を上げる方法が有るように思う。(もっとまじめにしてよって言われそうだけど、長く続けようと思えば、リスクのとり方は最重要な問題だ。

 とはいっても自分なりにへぼな予測はしている。それが当たるか外れるかと利益になるかはまた別、外れた時にはそれなりの対処が出来るか、その準備が出来ているかの方が大事なように思う。

FX 6日目

 3:28 S -1万ドル @110.10      

 兎に角、試しに売りから入る事にする。110.25を超えれば2万ドル買いのドッテン110.00を下回れば1万ドル売り乗せの2段がまえ。

 すんなり下がっていく。

 3:54 S -1万ドル @109.97     (T)109.60 (TS)(15)

 4:20 B +2万ドル @109.86 +3500 

     TSに掛かってしまった

 6:30 B +1万ドル @109.80

 6:43 S -1万ドル  @109.82 +200 

     TSに掛かってしまった

 6:43 S -1万ドル  @109.82     ドッテン(TS)(15)

 今日は8:30 9:30 になっても何も起こらない。109.70が抵抗ラインなんだけどなぁ~

 もう2万ドル何処かで乗せないといけないのだけど、ここがポイントのような気もする。

 9:41 S -1万ドル  @109.64     売り乗せ(TS)(15) 

 9:55 B +2万ドル  @109.69 +800

 10:11 S   -1万ドル  @109.76         LC109.90

 10:53 S +1万ドル  @109.90  -1400

 今日はこれでやめておこう、なんかビビッテいる

 合 計        +3100円   しょぼ

 オリンピックのバトミントンを見ていて内のおじいさんが変な事を言う。

  『この試合はエキシビジョンか』

  ポカーン

  なぜかと聞くと

  『女性ペアーと男性ペアーが戦っているではないか』 

  一同爆笑

 (オグシオ・ペアーと中国ペアーを見ていたら、お姉さんペアーと近所の悪がきペアーが戦っているように見えても不思議ではない。)失礼

| | コメント (0) | トラックバック (1)

モンティ・ホールの考察 2

 つづき

 自分の考えが間違っていた事に気づきます。

 一回の勝負では確率は役に立ちませんが、何回も勝負を続けていると、確率に近づくと思います。

        ********

 全ての扉の確率が1/3であったなら。最初の選択を有る扉に決めて、つぎに扉を変更したなら確率は2/3となります。

 ですから、ゲームを長く続ければ続けるほど、全ての扉の確率は1/3に収束しますので、上のやり方に従えば確率は2/3になるということです。

 ゲーム理論から言いますと、この2/3が均衡点なんでしょうね・・・・・

   それで、もっと確率を上げたいから、流れを読んで、僕が先に書いたような事をするのですが、もしも読みが外れたら2/3よりも悪くなります。

 初めから下手に流れを読もうとして、僕は最初の10回で1勝9敗してしまいました。(1万両づつ賭けていたので、破産はしなかったけど・・・・)

 始めは最初に選択する扉を固定すべきでした。反省

 なんだか奥は深いなぁ~。

 つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モンティ・ホールの考察

 つづき

 やってはいけない事

・ 青本にも書いてある事で、賭け事にとって最も重要な事なのだけど、それは、一度に大きく賭けてしまう事だ。

 最初は1万両を賭けるのだ。そして、資金が20万両に増えたなら、掛け金を2万両に増やします。

 これは、なかなか辛いです。資金が倍になるまでかなりの時間を費やします。問題はここを辛抱できるかです。

・ モンティ・ホールの場合、必ず途中でハズレの扉を開いてくれます。最初選んだ扉から選択を変えないのであれば、確率は1/3で損益レシオ1:1ですから、絶対に勝ち目は有りません。

 それで、最初に選ぶ扉を固定して、途中それを変えたならば、確率は2/3に上がると説明では書かれているのです。ぼくは、この時点では1/3の確率が1/2に上がっただけだと思うのですが・・・・・

 あとで、この説明の意味がわかります。

        ********

 それでは、どうすれば確率が上がるのでしょうか sign02

 確率が上がり、賭け方を間違わなければ、地味で面白くはないのですが、その方法を繰り返す事により確実にコンスタンスに勝つことが出来ます。

 本当に地味です。 本当に面白くは有りません。

          *

 確率を上げる

 それで、このゲームを10回ほど続けるとハズレの多い扉と当たりの多い扉がはっきりしてきます。

 こんな感じです。

    1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回 10回    

扉A  ×  ×  ×  ○ ×  ×  ×  ×  ×  ○

扉B  ○  ×  ○  × ○  ○  ○  ×  ×  ×

扉C  ×  ○  ×  × ×  ×  ×  ○  ○  ×

 つぎにする事は、ハズレの多い扉を選択します。この場合、最初に扉Aを選択します。

 BかCのどちらか一方のハズレの扉を開いてくれるので最後に残った扉に変更すればよいのです。

 弱い銘柄は捨て(最初に扉を選び後で変更するから、最初に選んだ扉は捨てた事になります)、強い銘柄を出来るだけ選ぶように心がければよいのです。

大事な事はここまでに破産しない事です。

 多分速度は遅いですが確実に資金は増えていく事でしょう。

 資金が増えるに従い掛け金も増やしていきます。

        ********

 しかし、40回も続けると必ず何処かで流れが変ります。多分

 その時、むきになって損を取り戻そうとロットを上げてはいけません。それをすれば破産するのは直ぐです。

 10万両から50万両にするのに40回掛かったとしても、ここでプッツンして10万両を賭けつづけたら5回の連敗で破産してしまいます。

 本当にあっという間です。

 ここは、初心に戻り、ロットを少なくし、またどの扉が弱いのかを観察するのです。

 確率を上げて、賭け方(ロットの大小、または損益レシオ)を守る事です。(面白くは有りません)

 一度試してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月10日 (日)

面白いサイトの紹介

 投資はギャンブル的な要素も高いと思う。

 ギャンブルを考えるには、確率と言うものを絶えず考えないといけない。

 出来るだけ確率の高い方法を編み出すのである。

 ただ単に自分の感に頼っていてはならない。強いものに付いて行く事も必要である。

 動きを監察して、どちらが強いのか見極めるのである。

 仮に、努力の甲斐があって、勝率(確率)が65%以上になったとしよう。損益レシオは1:1とする。

 これで確実に勝てるだろうか sign02

        ********

 勝てない

 いくら賭けるかによって、破産する事も有るのだ sign03

 だから、この2つの考え方を叩き込まないといけない。

        ********

 それを試すゲームを見つけた。

 パズルハウス のモンティ・ホール というゲームである。

「モンティ・ホール」

三部屋のうち、いずれかの部屋に隠されている金貨をあてるゲームです。

最初の持ち金は10万両

これを100万両に増やしましょう、と言うゲームである。

        ********

 そのサイトのちょっと一言に必勝法のヒントが書かれています。

 勘に頼っていれば、勝率は上がりません。

 一度試しにやってみてください。

 つづく 

次回  僕のやり方

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年8月 9日 (土)

1週間のまとめ

 FXデモトレード 

 これは実際の取引ではありません。

ですから、今まで僕が決してやらなかった取引を敢えてやります。

 100万ドル取引(10万ドル取引)、ドッテン、1日に5回以上の取引、カウンターなど

 1日の目標額

 損失額    -6000円

 利益額    +12000円

        ********

 1日目      -8700円

 2日目      +5500円

 3日目      +16100円

 4日目      -5800円

 5日目      +8000円

 合 計     +15100円

        ********

 多分実取引でもこんな感じになると思う。

 損失額はほぼ予定通りである。

 先週に比べると、揺さぶりにもビビラなくなった。

 もう少し勝つときはロットを増やし目標額を達成しないと、1週間で2.5万から3万は欲しい。( しかし、最初は、慣れるまでは、欲張らない事も必要であろう )

| | コメント (1) | トラックバック (0)

注文の出し方 だけで

 その足が髭になるのか坊主の長い陽線になるのか、雲との位置関係、トレンドラインなんかも考慮に入れた上で、注文技術を磨くことにより上手く行くのではないかと僕は思う。

 ピンポイントではないけど、予測も満足にできないけど、なんとかいけそうな・・・・

 今度は、下降のトレンド線が引けたので、少し戻した110.17で成り行きで売ってみた、こんどはTSを10銭にして付いて行く、ターゲットは@109.90

 MACDも陰転しそうだ

 気が付くことはいっぱいある

 こんな細かい取引は今までしたことはなかった。個別の場合はほったらかしが多い。我慢できなくなっての損切りがほとんどだ、

 今日は金曜日だから、いつもより長く付き合おう、オリンピックの開会式もまだやっている。

 注文機能にもっと細かい設定があれば、ほったらかしでよいのだが・・・・

 と書いていたらTS@110.11に掛かってしまった。+600 しょぼ

 ここで、手動で@109.90の指値注文を消すか新たに売るか決めなければならない。

 とにかく今日はこれでおしまい。

 目標達成はできなかったが、これは後半慎重になりすぎというか守りに入って1万ドルしか取引をしなかったからである。これも後講釈で、勝ったから言えるのである。

 1週間ご苦労さんでした、お休みなさい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 8日 (金)

つづき

 110.02でドッテン買いで入っていたのが、TS (20)@110.15に今引っかかった。+1300

その前に、109.92で売ったのが110.02でLC -1000がある、あんなに動いたのに差し引き+300円 なんのこっちゃ

 メジャームーブ からいって、109.50やく50銭上がり、109.83まで下がりそこから上がったのだからその50銭上110.33付近がちょうど高値と予測は付くが、それも後講釈

 一応、僕は@110.40に指値を出していた。

 つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つづき

 その後6:30には109.45まで下がっていて、109.75と109.65の指値注文が約定していて、単価@109.74の3万ドルのポジションになった。

 昨日のように、その20銭下にLCを置いていたなら、-6000損失で即アウトであった。

 しかし、一応、雲の下限で止まった。

 1:30毎に40銭ぐらいの幅で上下に振られる。

 今日はこの動きを我慢する。

 雲の下に出たり、上に出たり、109.50でもう一つ買うチャンスがあったけど( 上昇トレンドラインにタッチ ) これは見送り、本当は損切りしようかどうしようか迷うところである。

 今日はとにかく我慢。

 109.90を超えたところから10銭下にトレール注文を出す。+3000は確保

 110.00突破、ピュンピュンとTSラインが上がって行く。109.94で掛かりそうになった

 一番面白い状態である。

 9:50までラスト1分と思ったら109.96でTSに引っかかった。+6600のリカク

 110.06まであったがこのままで行くと9:50の足は上髭となる。

 ここからは軽く1万ドルづつの取引を細かくとって行くことにする。しかし、オリンピクの開会式綺麗です。

 109.97売り → 109.92   +500 (しょぼい)

 109.60 ぐらいまで押すのを待とうか・・・・

 限がないので 一旦休みます cafe

 つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5日目

 株の方はJT1個にやられている。

 今日は寄り底の展開で、寄り付きに利益確定していればって1日中いやな思いでいた。

 しかし、引けでは持ち株のJT、とAOC以外はマイナスで引けた。平均はプラスで引けたけど僕の気持ちとしては、弱いなぁ~といったところだsign02

 FXの方は 変にドルが強い。

 クロージングベルを見ていて、109.64だったのが、PCを点けると109.76になっている。

 思わず成り行き買い注文、古い方のPCを使っているので、なかなか約定の知らせが帰ってこない。@109.81で成立。(3:54)

 もう一つ指値買い@109.65を出す。

 昨日の僕の失敗取引は下手なLC設定で上下に揺さぶられたのが原因だ。

 今日はLCを設定しないで、下げれば買いでいってみよう。

 つづく.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月 7日 (木)

4日目

 6:30 買いから入った 109.49 2万ドル

 LCを109.30に入れていたので-3800

 8:27 S 109.38 -1万ドル

 9:38 S 109.38 -1万ドル

10:26 S 109.36 -1万ドル

 今日は今のところ下げトレンドで9:30にやはり動く、しかし今日は昨日と違って上下に揺さぶられる。

 下降トレンドに沿って売ったら1時間毎に売るようになってしまった。

 LCは109.50のところに置いている。これに掛かれば今日は予定通りの損失(昼に+1800の利益がある)

 下がってくれぇ~

 と言った途端に逝ってしまった。タイミングよすぎ

11:00 B 109.50 +3万ドル  -3800

合計             -5800

 おそまつ (笑い

| | コメント (0) | トラックバック (7)

ほったらかし

 注文の出し方の間違えに気が付く

 上手く行くときは連続して上手く行く。昼前にドルを@109.42買いで入り、逆指値+トレール注文(10)と一応雲上限辺りの@109.58に指値を入れてほったらかし。

 2:30にPCに戻るとちょうど指値にヒットしたところであった。ラッキー

 ところが、逆指値+トレール注文(10)は残っているのだなぁ~

 前もこれでいっぱい試しの注文を出していて注文が残っているのに気が付かなかったんだ。注文の出し方も今後良く研究しないといけない。

 また、僅か1万ドルだから1600円の儲け、時給から考えると500円ちょっと、やはり、最低3万ドルは取引しないといけない。

 個別株は今日もほったらかし。

 3:00台のFXの動きを今日は観察しよう。

 今日は3:00台のFX

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3日目 つづき

 昨日 

PM.3:30 B +1万ドル 108.43

PM..3:40 B +2万ドル 108.35

目標達成の為には3万ドル以上取引をしないといけない。

PM..9:10 S -1万ドル 108.51  +800

PM..9:20 S -2万ドル 108.55  +4000

PM.9:20 S -1万ドル 108.51

PM..9:30 B +1万ドル 108.55  -400

PM..9:30 B +3万ドル 108.67       TS(15)

ここで、思い切って乗らないと、そして12銭高く買う事になるけど、その分枚数を増やす

それ以降、順調に上がりだすので、トレール注文(15銭)で付いて行く。

PM..11:30 S -3万ドル 109.12 +13500

PM..11:30 S -1万ドル 109.09       LC109.27

これで寝る

*******  B +1万ドル 109.27 -1800

 それからも上がったのか、 LC注文を出していて良かった 

 合計    +161000     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 6日 (水)

3日目

 ドル強いですねsign03

今日の3:30から追っています。

しかし、10分足で3回ほど長めの陰線があって、最後の一本に掛かってしまい。@108.55で一旦ふるい落とされてしまいました。

しかし、次の陽線で勇気をもって@108.67で入りました。枚数を3万ドルに増やします。

109.00を超えてきたのでTSを(15銭)にしてどこまでも追って行きます。

つづく

| | コメント (1) | トラックバック (0)

・・・・・・

 株の話

 デイトレは別として、今ポジションのあるものは買いであれ、売りであれ苦しいだろうな。

 今日はNKが300以上上昇したけど、高値つかみの所まで戻してくれるのだろうか。

 売り方は売り方で、またこの前のように反発するのではないかと、ヒヤヒヤだし・・・・・

 なるようになれ・・・・・・ でじっと見ているだけ

   今のところやや売り優勢と思うけどすぐに流れは変る

 FX2日目

昨日のPM.12:00 の時点では 売り107.95⇒108.05 2万ドル -2000

ドッテン 買い 108.04 3万ドル で寝ました。

起きた時点で 108.31に成っていたので 売った@108.29 +7500

合計 +5500

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年8月 4日 (月)

1日目

これからの企画として

annoy FXデモ取引で1日12000円儲ける(損失は6000円) annoy

を2週間しようと思います。ところが個別株ならAM9:00からPM3:00と決まっている。僅か4.5時間の勝負だ。

FX は24時間で日付けが変るのは僕が寝ているときだ。一応PM3:00からPM12:00の間の成績だけを記録する事にしよう。もちろん持ち越す事も有るのだけど。そして負ける事も有るけどそれは省略。coldsweats01

        ********

時間  売り買い  枚数   レート    損益   注文

3:12 S(売り) -1万ドル  107.66      成行LC107.85

4:33 B(買い) +1万ドル  107.85   -1900   

4:33 B(買い) +2万ドル  107.85        Ts107.95

6:14 S     -2万ドル  107.95   +2000  

7:40 S     -1万ドル  108.02        SL108.12

7:43 S     -1万ドル  108.01        Li107.79

9:03 B     +2万ドル  108.12    -2100

9:04 B      +1万ドル 108.11       SL108.00

9:10 B     +2万ドル  108.16        Li108.35

このような書式で書いていきます。

2万ドルで10000円は少ししんどいです。どこかでポジションを増やします。

10:44 B     +2万ドル  108.12

11:12 S     -5万ドル  108.00   -6700

 合計                     -8700円

        ********

 損失が6000円を越えたので今日は終わります。9:30にはほとんどプラスマイナス0でした。10:44の買いが無駄でした。押し目を狙ったのですが最初からだめだと解っていました。

 9:30でのドッテンが正解であったようです。MACDは陰転しています。10:44の買いはそれに反した買いでした。アホです。

 また上髭もたくさん出ていました。(10分足)

 続けるのであれば108.00で10万ドル売りでしょうね。

 早く寝よっと。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2008年8月 3日 (日)

ちょっとまじめに

 今の個別株の動きは上下に揺さぶられているから、トレンドフォローで利を伸ばそうとしても難しい局面なのかもしれない。

 売りから入るにしろ、買いから入るにしろどちらも難しい。

 だからと言って、個別株をあきらめFXに変ったのではありません。FXのデモトレードから何か発見できることはないかと思ったからです。

 利を伸ばそうと考えても、どの範囲で今動いているのか、どこまでなら可能なのかを日頃の動きから見て考えておかないといけないと感じた。

 入る位置によっても変ってくるが。もしも、入る位置が間違っていたなら、あまり欲張ることもいけないし、少な目のLCで兎に角逃げることだ。

        ********

 ■ どれぐらいのポジションサイズにすべきかを考えてみる。

 それで、FXの方は短い時間で今は見ているのですが、何かイベントが有っても10分間で30銭以上の動きがあれば大きいと言うことが解った。

 そして、逆に穏やかな動きであれば20銭以内の動きで収まる。と言えます。

 ですから、LCの幅を20銭と決めます。

 証拠金を投資資金の1/4の50万と仮定します。

 1日の損失許容範囲をその1%の5000円と決めます。絶対にそれ以上は負けません。annoy

 その損失許容範囲をLCの幅で割ると適度なポジションサイズが出てきます。

 5000円÷0.2円=2.5万ドル ( 3万ドル )

 となります。まあ実際にはもっと負けても耐えられというか、投資資金の1%まで損失を許容出来るなら10万ドルまではOKでしょう。これ以上は絶対につぎ込まない。annoy

 その日の出だしを1万ドルから試し、3回の失敗は許すとして、その後波に乗れたなら、ポジションサイズを増やしても良いと思う。(後残り7万ドルまで)

 目標は、2時間以内の勝負なら40銭でも良いのだろうけど、敢えて利を伸ばすと言う考えで、損失許容の2.5倍は欲しいのである。

 1日の目標額 12500円 ~ 15000円 たとえ100円の利益であっても我慢する。annoy

        ********

 実運用まで残り2週間、この上のルールを守り、うまく利益を上げられることが出来るだろうか。

 これまでのようにエクセルに記録を残していこう。これが第2ステップです。

 盆明けぐらいから徐々に実運用に移れたらと思います。(そのとき個別株もプラスになっていたらもっと良いのに)

 つづく

 

| | コメント (3) | トラックバック (1)

中学・高校の思い出

 中学、高校のときを振り返ると懐かしいなぁ~

僕の通っていた学校は当時野球が強くて、春の選抜に連続して出ていた。

そして、甲子園へ応援に行くのだけど、勝って、アルプススタンドの前にいま戦いを終えた選手が並び応援団に向かって一礼をする。

そして僕たち応援団は校歌を合唱する。すごく誇らしい瞬間でした。

智弁と近江の試合を見ていて昔のことを思い出した。

そして、僕の高校は今試合をしている報徳に夏の大会の県大会予選の決勝で負けたこともあった。

 ところが、兵庫県大会の決勝では甲子園球場を使用することもあるので、その試合は甲子園球場ネット裏での観戦でした。( 小学6年 のとき 近所の野球好きのおじさんに連れていてもらった )

 姫さん メールありがとう 僕は小学校のころ女子の学級委員長には頭が上がらなかった。苦手だった。(笑い

 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年8月 2日 (土)

時間帯

 損益は別として、動きだけを見ていたのですが。自分との生活時間の兼ね合いもあります。

 今までは個別株にあわせた行動を取っていたので。PM:300に出かけることが多いです。

 ところが、FXはPM 3:00 頃から動きを変えることが多いようです。

 そして、PM 9:30 から AM 1:00 位まで激しく動くようです。

 大体僕はAM 1:00 に寝て AM 8:15 に起きます。この間はPCを見ることは出来ません。8:15に起きるのは個別の板が動きだす時間だからです。

 AM 1:00 にポジションがあればある程度予測して指値、逆指値おいれて寝なければならない。この時間帯はこの1週間負けはなかった。ただ経験不足でこの部分はなにも言えないけど。

 AM 8:15 から PM 3:00 は比較的緩やかな動きのようだ。

        ********

 それで、人それぞれ生活時間が違うのでそれに合わせた投資行動を取らねばならない。

 また、激しい動きを狙う投資方法もあれば、別にそれを避ける投資方法が有っても良いように僕は思う。

 昨日はPM9:30からAM1:00まで正直振り回されたのである。

 +12000ほど有ったのが+1500に成り最後+7000になったと言う感じです。

 緩やかな時間帯に時間をかけて+12000としていたのに。9:20からの揺さぶりと、9:30からの大きな揺さぶりでわずか20分で10500が解けてしまいました。

 TSの注文に頼らず全て成り行きでいけば、もっとプラスを増やせたかもしれません。

 言える事は、絶えず動きも2方向以上あり、それに合わせて投資方法も色々あると言うことです。 

 半日かけて+10000にするのか、または-10000になるのか

 わずか20分で+10000にするのか、または-10000になるのか

 難しいところです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ブログ通信簿

 タリ さんのブログで面白いのを見つけました。

 自分のブログの成績表が出ると言うものです。

 ブログ通信簿サービス

 僕のブログの通信簿

Tushinbo_img  精神年齢 30 (27に近いなぁ)

 影響度 を4にしたいな

 もう既にへぼ投資家です。

 しかし、デイトレードではありません。

 漬物屋かもしれません。(笑い

 もっと上手い投資家になりたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 1日 (金)

課題

 PCから離れる時の処理

 昨日寝る前に3万ドルを売っていました。それは、朝の反発でTSにかかり@107.81で手仕舞いと成りました。+7000

 また下がってきたようなので、107.60を下に抜けた時に成り売り、それと同時に戻したところを売ろうと@107.69で指値注文、これも上手くヒットして、下がっていくのを確認して、出かける前に、いつものように欲張ってみても仕方がないし、今日はTSでの手仕舞いではなく、ここまでなら確実に取れるのではないかという所で指値注文を出すことにしました。@107.43です。

 6:00に帰ってPCを点けると、ほぼ底で手仕舞い出来ていました。+4200

 今日も同じで4:00から反転

 7:00 過ぎに1万買いで入るが、軽く負け-1200

 次はドッテン売り、ヨコヨコの動きで不気味 昨日、おとついの事もあるので。指値注文と逆指値を両方入れておきます。

 続きはコメント欄で 今日も面白い動きを見せてもらいたい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

つぶやき

 姫さん コメントありがとうございます。

 とにかく、他のサイトを読むだけではだめで、試してみて、痛い目にも遭い、そして考え、どうすれば今の自分の投資環境に合った方法、投資スタイルを確立できるか・・・

 株の方は売り持ちが多いというのに今日のこの下げでもプラスになりません。

 いかに自分の入りが悪かったか、また逃げ遅れたかです。

 だから、姫さんのコメントに耳が痛い時もあるのは事実です。

 しかし、そのコメントにはいろんなヒントが隠されているようです。

        ********

 このブログの読者は当然買い持ちの人もあれば売り持ちの人もあります。だから、上がれ、下がれ、とか、また、僕のへぼな予測(今まで書いた事はないし)はあまり書きたくはありません。

 今までは、サインに従って投資が出来るか、が僕のテーマでした。

 そして、記事にいくら損した、いくら儲けたと書くこともありますが、それは参考程度にしてください。

 あくまでも僕のブログは投資方法の提案とその検証、そしてその過程を書くものです。

 それで、今はPCを離れているときに上手く注文が出せたらって思い悩んでいます。今のところ手仕舞いに関してはTS、LC注文はそれなりに上手く出来ています。

 問題は、PCを見ないで指値注文、トレールを用いての逆指値注文ができるか、これにはある程度予測が必要となります。

 PCを見れない時は無理にせんでも良いやん、と突っ込まれそうですが、いろんな環境の人が居られます。coldsweats01

 とにかく注文を出すには、注文機能を上手く活用するには、それなりの判断と、判断基準が必要になるということです。

 今日の晩もまた面白くなりそうです。

 今日はPM3:00から6:00まで出かけますので、いつもの動く時間帯にはいません。

 つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »