« +29,000 | トップページ | -21,000 »

2009年6月 6日 (土)

VBAを使って請求書の発行

 VBA を使えれば、株関係のプログラムだけでなく、色々な仕事にも活用できる。

 以前、僕の父が自治会の会計をしていて、1年毎に400件ぐらいの名簿、集計表から,請求書を発行する仕事をしていた。(完全なボランティア)それでそのときは、名簿を見て金額や5項目ほどを手書きしていたのである。

 この名簿+集計シートは僕が10年程前に作った。

 今は他の人が会計をしているから直接には関係はないのだけど、昨日その人から電話があって、判らない事があるから教えて欲しいと・・・・

 まぁ、それは、集計表の印刷ページの問題で、直ぐに解決した。

        ********

 それで、どのように請求書を作るのかと、尋ねてみた。

 僕の父のように手書きではなかったが、ワードの請求書にプリントアウトした集計表を見て金額やその他5項目を入力し1件1件請求書をプリントアウトするとの事であった。

 もっと進んだ事をしておられるのではないかと思っていたのだが、そうでもなかった。

 僕は前前からこの400件の作業を全て自動で出来たらと、考えていたし、当然出来るのである。

 それで、そう言うことが出来るのではないかと話した。

        ********

 まぁ、やってみると簡単だった。全ては日頃やっている事の応用で、ただ、プリントOUTの命令文だけが今まで使ったことがなかった。

 

 しかし、FXは大きく負けた+5万が結局2日で-5万振り出しに戻る。coldsweats01

 一旦全て手仕舞いして顔を洗って出直すことにしよう。

 こんな時にショート一辺倒だと負けて当り前、96.50までは我慢できても97.00を超えるとなればトレンドが変ったといわざるを得ない。個別株も一緒で変に強い、一旦利食いしたらまたそれより高い値で買い戻さないといけなくなる。AOCが良い例である。S高ですか・・・・まぁ、その代わりに太平洋興発が6円上がってくれたから少しは良かったけど、同じようにS高でもしてくれたら値幅が30円だからAOCの3倍の威力があり、じっと待てば,いや待たなくとも直ぐに100円を超え、130円,150円となるのも近いような気がする。

 55円からの参戦だから、もしそうなれば、これだけで目標は達成できる。

         ********

 個別の場合FXと違いレバをかけないで、長く持てば大きな結果が得られる。55円が300円になる事もある。そうだ、東海東京も150円が300円になったではないか、何が難しいかといえば最後まで付いていく事がなかなか出来ないのだ。残念sad

 一方、FXの場合長く持っても、それ程結果は変らない、100円が75円になったら大変、そんなことにはならないで、94円ぐらいで止まって、また98円に戻るなんて・・・

 個別の感覚で半分やっている僕にしてみると全く面白くないのである。今日の1.50円の上げよりもAOCのS高の方がよっぽど面白い。

 人それぞれで、なにもFXに文句があるのではなくその人の考えに合うか合わないかだけですけどね。FX派の人を悪く言っているのではないので、それだけは理解してくださいね。

|

« +29,000 | トップページ | -21,000 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/218459/29967089

この記事へのトラックバック一覧です: VBAを使って請求書の発行:

« +29,000 | トップページ | -21,000 »