« パターンを使って | トップページ | パワーアップ »

2009年9月13日 (日)

つづき

 9/11 17:00 からの動き

P4 下げが一旦止まって持ち合い

こういう時は参入すべきではないか。

NYが始まっての動きが今日も怖い。

でも、一応流れが続くと考え買いから入る。

あえなく損切り・・・・

9/11 22:00 からの動き

P5  最初ドルから下がり始める。

 それを見てユーロドルが下押したところを買ってみる。

 底から急激に上がり始める。

 このとき見ていたチャートはもっと大きく目盛りを取っていたので、激しく上がり始めてチャートから一瞬はみ出した。

 なぜか知らないけど無意識に手仕舞いのクリックをしていた。この図では点線で後から僕が自分で付け足した部分である。

 こんなの感としかいえない。髭の@1.431で売れていた。リカク

 その直後今度は一瞬ドルが上がりユーロの方が急激に下がるのである。ほんま、命拾いをした。

 ここも、ユーロの下がりきるのを待って、ユーロドルを買うのが正解であっただろう。

 まぁ、それでも、その後ユーロドルの買いなら、冷静に対処すれば結局は救われる。

 しかし、ドル円、ユーロ円の買い持ちは救われない。

この後、ドル円はユーロ円の後を追って下がると読んで売ったのだが直ぐに手仕舞い風呂に入った。疲れていたんだ

 1時間した後で、結果だけを見たら90.26

 しまった、あと30P儲け損ねた・・・・・・

        *******

その後のチャート ( 自分が実際に参戦しないと考察にも力が入らないな。一応チャートだけ載せておきます。)

P6

P7

まとめ

 しっかり読めるときだけ参入する。

 急激に動く時は避けてそれが止まったのを確認してからその戻しを取るのが安全かも

 でも、PM9:00からAM1:00の動きは刺激的

|

« パターンを使って | トップページ | パワーアップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/218459/31350624

この記事へのトラックバック一覧です: つづき:

« パターンを使って | トップページ | パワーアップ »