« i-シグマ 2009年 成績2 | トップページ | チョンボ »

2010年1月 2日 (土)

間違いが認識できたなら。

A・B・C・D・E の5個の中に1個だけ間違ったものが有り、最初4個を選んだ場合、運良く全てが正解の場合と3個だけ正解の場合に別れる。

それで、3個正解の場合は残した1個は正解だ、と解る。

間違ったことにより、正しいものが見えてくるのだ。それで、1回の選択だけで終われば当たる確率は低くギャンブルだけど、しかしこれを5回までやり直しても良いと言うルールであれば次第に正解に近づいていく。

 ゲームでは予めルールが決まっているが、投資の世界では株価は動かせないけどその他のルールは決めることが出来る。自分の有利になるように自分で適正なルールを決めればよいのである。

 1回当たりのロットでそれは調整できる。

1発勝負を決めて大きいロットで勝負をして勝つのは幸運、それはギャンブルに限りなく近い。

10回でも100回でも1000回でも続けて勝負をし続けることの出来るロットでルールで勝負をしなければならない。

 自分のやり方、ルールが正解だったら回数が多いほど実際の正解に近づくはずだ!!!

とゲームをしていて感じた正月であった。

|

« i-シグマ 2009年 成績2 | トップページ | チョンボ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/218459/32832351

この記事へのトラックバック一覧です: 間違いが認識できたなら。:

« i-シグマ 2009年 成績2 | トップページ | チョンボ »