« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月29日 (水)

ファイルの使い方を教える

 しかし、新聞からデータを拾っていた父には今までの感覚が抜けず、直接WEBで更新することが理解できなくて、途中で固まってしまった・・・・

 それで、保育園の保母をしている娘に操作の仕方を教えることを頼んだ

 保育園の子を教える要領で教えている、上手いものである。

 まぁ、これでは複雑な操作も無理なようなので、何日分の行明けが必要かを自動的に出すようにして、1クリックでデータ更新できるように改良した・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一目均衡表

 87歳の僕の父は一目均衡表の信者だ

 今も10銘柄の4本値をエクセルに入力して計算し、一目均衡表のグラフを手書きしている

 ところが最近、ボケて来て、入力に3時間以上かかっているようである

 

 まぁ、それでは不味いので、一目均衡表の自動取得計算ソフトを作ってあげることにした。

    「hitome22.lzh」をダウンロード

 父に使い方を教えるときの問題点

 ・ マクロを使っているので、その説明

 ・ データの並びが新しいものが上に来る

 ・ そのため、データ更新前に行を空けないといけないことの説明

 ・ データ更新はボタンを押すだけだが、1日だけの更新ではなく、ヤフー時系列1ページ分が書き換わるので、もしも何らかの事情で入力にズレが生じた場合、20行下でそのズレが生じる。

 この問題はかなり厄介だ、気が付かないだろうし、修復するには自動取得ソフトが別に必要だ (ズレ防止のためのアイデアがふと思いついたflair

 ・ 銘柄を増やすときのやり方

      最後のシートは日経平均用なので新しいシートはその前にコピーして作る

      セルA2 に その銘柄のコードを書き込む

      自動取得ソフトよりデータをコピーする

        ********

 これを使って、良い方法があるならシステム化をしてもらいたい。それは自由だ

 しかし、一目均衡表 はアート的な面が強いのでしにくいと思う・・・・

 だけど、それが悪いというのでもないらしい、実際の戦争の戦略も数字だけでは測れない面があってアート的に捕らえる方法もあるようなのだ。

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年12月19日 (日)

振り返って

 

 杏さんいつもコメントありがとうhappy01

 ちょっとおもしろいことをしてみました。

 過ぎ去ったことは忘れているし、その経過は記録として残っていないので自分の資産曲線の変化をアニメ化してみました。

 データ240以前は確定しているので変化はありません。

 データの順番は参入時の順になっているので、売り持ち・買い持ちでHOLDしている場合、当然減ったり増えたりします。

 1gatukara12_2 

 4月ごろは調子良く、目標を460位においていた

 ところが、5月に太平工業に再参入した暴落が痛い

 7・8月はカーバイド・日軽金で取り戻す。

  9月以降、売り参入が全てヤラレル、反面9月以前の買い持ちが戻してピークだけは4月と同じ、しかし、その分凹みが大きくなる・・・・

 もしも、太平工業を280で損切りしていたら今のピークも無く300を切っていたかもしれない。

  まぁ、いまの、エクセルの記録では6月の凹みは消えて見ることは出来ないのだが、このように振り返ってみると、絶えず14%程の凹みを自分は持っているんだなぁ~といえる。

 確定しても良いが新たに参入しないとその凹みは永久には消えない。

 早めに損切りするのが一番良いようだが、それが出来ない場合、太平工業のように一山、一谷を我慢することも必要である・・・

 塩漬け株が戻った場合プラスマイナス0ではなく、半分戻したときにはトータルでプラスになり、全額戻したときには+10%とかなるような状態にしておきたい。

 

 アニメを見ているとおもしろい

 しかし、残念sad

 来年の目標は500かな・・・・・??

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »