« PM8:30前 | トップページ | トレーリングストップの応用 »

2011年1月29日 (土)

観察力

 同じ場面を見ていて人によって捕らえ方がこうも違うのか・・・・・

 しかし、この違いは別に問題ではない、共感するところは、その観察力だと思う

 先ず自分の勝つパターンをいくつか見つけ出し、実際に体感して自分の物にしていく。

 それから、その体感(裁量)を元に出来るならばシステムにすれば良い、出来なければ裁量でも良い(システムに出来る物と出来ない物があるから)先ず有るのは裁量を磨くことで、システムにするのは一番後でよいと思う。

 そんなこんなで、やっと、コメントの返事がなんとなく理解、出来きたようである。

         ********

 先行スパンを監察していれば1回下がり出した所で入ると騙しの場合がある。

 大きく取れるときは先行スパンは何回か下がり続けるので3回続けて下がった場合Sで入るとか

 手仕舞いは下げが25回を超えたときとか、先行スパンA・Bが0.10以上開いたときとかが考えられる。

 しかし、順張りの弱点は後追いになるので、取引のポイントはサインが出てから数ピップはいつも不利になる

|

« PM8:30前 | トップページ | トレーリングストップの応用 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/218459/38653787

この記事へのトラックバック一覧です: 観察力:

« PM8:30前 | トップページ | トレーリングストップの応用 »