« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月29日 (水)

ロジック覚書

 エルピーダ のホルダーには誠に気の毒だ

 投資をしている以上、何時自分が同じような目に逢うかわからない

         ********

 ロジックを考えてそれに沿って作り、検証してみたら、いつも使えるような結果が出ない

 それでも諦めないで、何度も何度も修正し検証する

 それでも良い結果が出ない

         ********

 今回は移動平均を使わないタイプ

 1. 5分前のレートより●●以上動いた時のレートを基準値Aとする。

 2. その後、レートが基準値Aを超えた時、参入

 3. LCは基準値Aから反対に0.10動いた時 (この値は適当

 4. リカクは基準値Aから0.23以上動いた時 (リカク>LC 0.03はコスト分

 5. 既にポジションの有る時は参入しない

         ********

 とんでもない動きの無い限り損益レシオは2.0以上となるので

 勝率が33%でイーブン

 勝率 50%でPF2.0

 勝率 60%でPF3.0

 これで、勝率60%以上が出せたならこのロジックに何らかの優位性が存在するのであろう・・・

 しかし、結果は勝率33.3% 残念!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月27日 (月)

近況報告

 FXはS持ちのままで損失拡大中wobbly

 更に10万をFX口座に移転

 先の予定通り265を岩井に送金

 株の方は信用売りが25ほどの含み損

 それらを含めてトータル596

 ドローダウンが-34(5.4%)

        ********

 よって、元金が169から424に増えた(FXを-10損失処理を含む)。それにより累益が101%から41%に減り、DD率も9.0%から5.4%に減りました。

 ということで、当面の目標は累益100%の+240万もしくは800万

 とハードルが高くなります。

 一方DD率の方は今まで通りの数量の取引ならば楽になるといえるのですが。

 しかし、数量も増えるので、多くとも10%は超えないようにしないと・・・・・・

        ********

 今は相場が上げ上げなのと、配当狙いなんかも絡んで、なにかを仕込んでおきたいところですが

 ここは慎重に銘柄を選び、少し下がったところを何回かに分けて買って行く予定です。

 売り持ちはアホみたいにじっと我慢してみます。

        ********

 昨日、町の総会があって預金が12000万あって、その内3000万を利率が良いというので神戸市債五年を買いました。と・・・・

 利率0.43%

 1年で13万にしかならん????

 分散投資して減らなければOKみたいなもんだ・・・・

 まぁ、運用のプロにしても10%もいかないんだし、それほど簡単にお金が増えるもんじゃない・・・・・・

 600万が800万も

 1銘柄に全てを賭けて600円が800円に、60円が80円になれば簡単なことで、

 ここ最近そんな銘柄がゴロゴロ

 僕の持ち株の太平洋興発も三松も底から40%は上がっている

 でも、絶えずリスクの事は考えておかないとならないので買いも全力ではないし、保険の売り持ちもあって、その保険の売りがこの局面で反対にやられている。

 しかし、だからといって焦る事はない、底で買った者なんて少ないし

 まだ、大半は自分の買値に成るのを待っている、それでも底値で損切りしなくてよかったのだ・・・・

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月26日 (日)

13回目 UWSC スケジュール設定2

 UWSCの一番右のボタンをクリック >> 設定(X)...

>> スケジュール設定をする(S)...

スクリプト の 『....』 ボタンをクリックし 前回作ったスクリプト”CADkaiFX.UWS”を開く

その横の 『設定なし』 ボタンをクリック 

指定Windowが現れた時(W) の Titleに

++CAD買い注文++

と入れてOK

         ********

同じように売りの方も前回作ったスクリプト”CADuriFX.UWS”を開く

その横の 『設定なし』 ボタンをクリック 

指定Windowが現れた時(W) の Titleに

++CAD売り注文++

と入れてOK

OK,OK,OK

これで完了

        ********

 びっくりしたwobbly  ちょうどその時だった売りサインが出て勝手に注文しよった

しかも、売りを2回 これって誤発注!!!!!!

(この記事を書きながら実際に作業をしています。又この記事を書いたのは土日でなく平日2/14です。上のUWSCの設定作業をしている間は止まっていたのが、OK、OKと押したら急に動いて実際にはNOポジだったのが、エクセル上では買い~売りへのドッテンだったので売り注文を2回してしまいました)

 

 第1ステップ はこれで終了

 デモトレードで何回も何回もテスト検証を繰り返してください

 しかし、MACDだけでは儲けられないだろうと思います・・・・・・

 儲かるロジックを作るのは簡単なことではありません!!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月25日 (土)

12回目 つづき

 売り買いのメッセージBOXが出てそれでUWSCが動いた場合、発注終了後、そのメッセージBOXのOKボタンを押してメッセージBOXを消さなければエクセルがそこで止まってしまいます。

 それで、前回、作ったUWSCスクリプトにその部分を付け加えなくてはなりません。

////////////////

//CAD買い注文

ACW(GETID("FX Trading Station 2.0"),783,81,1007,671,0)
BTN(LEFT,DOWN,1564,96,515)
BTN(LEFT,UP,1564,96,78)
BTN(LEFT,CLICK,952,298,686)
ACW(GETID("成行注文","#32770"),1147,586,426,234,0)
BTN(LEFT,CLICK,1486,625,500)

EXCELORDERWINDOW = GETID("++CAD買い注文++")
BTN(LEFT,CLICK,700,60,30)
CLKITEM(EXCELORDERWINDOW,"OK")     // エクセルのメッセージボックスの"OK"ボタンをくりっくしメッセージボックスを閉じる
BTN(LEFT,CLICK,700,60,30)

/////////////////

        ********

///////////////

//CAD売り注文 

ACW(GETID("FX Trading Station 2.0"),783,81,1007,671,0)
BTN(LEFT,DOWN,1542,95,718)
BTN(LEFT,UP,1542,95,265)
BTN(LEFT,CLICK,835,301,718)
ACW(GETID("成行注文","#32770"),1147,586,426,234,0)
BTN(LEFT,CLICK,1486,627,577)

EXCELORDERWINDOW = GETID("++CAD売り注文++")
BTN(LEFT,CLICK,700,50,30)

CLKITEM(EXCELORDERWINDOW,"OK")     // エクセルのメッセージボックスの"OK"ボタンをくりっくしメッセージボックスを閉じる
BTN(LEFT,CLICK,700,50,30)

///////////////

次回予告 UWSC スケジュール設定2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月24日 (金)

11回目 UWSC発注用スクリプトの具体的な作り方

 UWSCを使った自動発注は業者を選ばないで、どの業者でも使える。だから信用の置ける、事故の無い、業者で取引すればよい・・・・

 今の使い慣れた業者でいつもしている発注作業をそのままUWSCにさせれば良い

 しかし、僕には読者さんがどのように日ごろ発注作業をされておられるか判らないので、それようのスクリプトを書く事は出来ない。

 そこで、このあいだデータ取得でダウンロードした『FX Trading Station 2.0』 のデモトレードをサンプルに発注のUWSCスクリプトを書いてみることにする。

        ********

 良いロジックが出来ないと損失ばかりになるのでデモトレードで自動売買のテストをするのは有効な事だ。今までは、出来ると嬉しいものだから即実戦投入でいくらか損をしてきた・・・・

 先ず発注を手動でしてみる

 デモなのに緊張するヨ~

 まぁ、クリックしてみると2回のクリックで約定。これなら簡単にUWSCが書ける。楽勝である・・・・・

 問題はクリックする位置が絶えず同じ場所に来るかだ

 取引レート(シンプル)を開き、CAD/JPYを右クリックすると上に移動とあるのでそれで一番上にもって行きます。

 すると(アドバンス)の方も一番右上にCAD/JPYがきているではありませんか。

        ********

 UWSCの記録

 UWSCには記録機能がついておりそれを使ってみます。

 右から2番目のボタン、記録(R) をクリック

 実際に売り注文をします。

 終わればSTOPボタンを押します。

 左2番目の保存ボタンを押し『FX-TS-uri』と名前をつけて保存

 これで終了

        ********

 思っていたより簡単

 理屈じゃなくてやるだけのこと、高い金を払ってセミナーに行く必要なし

 UWSCスクリプトの修正

 一番左のボタンを押し、先ほど保存したファイルをメモ帳にドロップします。

 MMVがいっぱい?????

 これはマウスを動かした軌跡でいらないので全て削除します。

       /////////////

ACW(GETID("FX Trading Station 2.0"),783,81,1007,671,0)
BTN(LEFT,DOWN,1542,95,718)
BTN(LEFT,UP,1542,95,265)
BTN(LEFT,CLICK,835,301,718)
ACW(GETID("成行注文","#32770"),1147,586,426,234,0)
BTN(LEFT,CLICK,1486,627,577)

        ////////////

 6行のスクリプトで出来上がり

 ファイル>上書き保存

 同じように買い注文のスクリプトを作ります。

        ********

 テスト

 今、作ったUWSCファイルを一番左のボタンで開き、真ん中のボタンを押せばマウスが勝手に動き発注します。

 デモだから安心

 でも、デモにしても負けるのは ムカツク!!

 出来たでしょうか・・・・

 出来なければ又コメントください

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10回目 まとまった過去データの取得

 検証の為に過去データの取得は必須で言うまでも無いのだが

 もう一つ自動システムを動かす上でも必要となります。なぜかと言えばMACDにしても移動平均にしても立ち上げてから40個ほどデータをとった後でないと平均の結果が出てこないので、立ち上げて3時間ほどは無駄な時間となってしまいます。

 それで、システムを立ち上げる準備として直近の100データをD列に入れて、それから動かしたいのです。そのためにも、まとまったデータの取得は必要だし頻繁に行わねばなりません。

 だから、出来るだけ簡単に取得したいのです。

        ********

 まとまったデータの取得先

http://www.fxcm.co.jp/service/ts_guide_popup.html

 まぁ、このマニュアル通りダウンロードして

Market Scope チャート

Market Scope チャートの起動方法

を読んでもらってCAD/JPYのm5を選択、下のチェックはいらない。OK

これでチャートが見れると思います。

データの取得は、「ファイル」→「CSVへエクスポート」をクリックしてください。

適当に名前をつけて保存

        ********

 CSVだからこのままでは使えないので、データを分けるファイルを作った

「doruenn-syutoku.xls」をダウンロード

 容量が大きかったので開いた後、M列からAJ列までの全ての式を1500行までコピペしてもらいたい。

 先ほど保存したCAD/JPYのCSVデータを開きそれをこのファイルのセルA1に貼り付けます。

 すると、U列からAA列に分割されたデータが出ます。

 その必要なデータ部分をFX-torimasuのD列にコピーしてください。

 次回予告 UWSC発注用スクリプトの具体的な作り方

              最終的にこの講座で Market Scopeを使い読者の皆様に自動売買のデモをしてもらおうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月22日 (水)

9回目 発注メッセージBOXテスト

テスト前に条件式を少し変えます

セルE12 : =IF(M12="","",IF(M12>=0,"買い",IF(M12<0,"売り",E9)))

セルE12 : =IF(M12="","",IF(F12<>"",F12,IF(M12>=0,"買い",IF(M12<0,"売り",E9))))

と書き換え

F列に”買い”、”売り”、”ストップ”と入れればサインを自由に変えられることが出来ます

これを使い発注メッセージBOXが正しく出るかテストしてみます

        ********

 テスト

セルC6に*印を入れます。*印が入っていない時は自動解除となります。

データの最新が仮に23行に来ているとしますとセルF23に”買い”と、入れます。

E23は”買い”となるはずです。

次にセルF24に”売り”といれます。(その時D24にはレートの値は入っていません)

そして、データ転記ボタンを押してください。

『売ります』の発注メッセージBOXが出ます。2回出ます。

        ********

 テストパターン

1.  ”ストップ”>>”買い” と(F24,F25)に入れて”データ転記”ボタンを押しますと『買います』の発注メッセージBOXが1回出ます。 

2. ”買い”>>”ストップ” と(F25,F26)入れて、同じようにすれば『売ります』の発注メッセージBOXが1回出ます。

3. 同じように”ストップ”>>”売り” と入れれば『売ります』の発注メッセージBOXが1回出ます。 

4. ”売り”>>”ストップ” と入れれば『買います』の発注メッセージBOXが1回出ます。

5. ”売り”>>”買い” と入れれば『買います』の発注メッセージBOXが2回出ます。

6. ”買い”>>”売り” と入れれば『売ります』の発注メッセージBOXが2回出ます。

の6通りです。

               

 テスト終わり

 UWSCに発注用のスクリプトファイルがまだ入っていませんので、これによる自動発注はまだ出来ません。

 次回予告 まとまった過去データの取得

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月21日 (火)

8回目 売買サイン条件式

単純にM列のsignalのプラス・マイナスでドッテンさせます。

セルE12 : =IF(M12="","",IF(M12>=0,"買い",IF(M12<0,"売り",E9)))

これを下の行までペーストします

ただ単に儲けを考えず売買のサインを出すだけならこれでOK 

        ********

 しかし、これからが大変

 検証して、検証して、改良して検証して

 自分に合った使いやすい物にこのファイルを改良していきます。

 そして、検証するにはまとまった過去データも必要です。

「cadjpy.xls」をダウンロード 

データをエクセル形式にするとサイズが大きすぎるようです。圧縮していますので、解凍して使ってください。

データの一部をD列にコピーすれば、E列に売り買いの指示が出るはずです。

        ********

 ファイルには自動売買発注のトリガーとなるメッセージBOXを出すVBAが既に内蔵されています。

 そのメッセージBOXが正しく出るのか、をテストする必要があります。

 次回予告  発注メッセージBOXテスト   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

じっと我慢の子

 売り持ちが担がれて

 買い持ちが上がらない

 そんな日が続いた・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        ********

 でも、そこでイラついたり、焦ったり、してはいけない!!!

 新たに買うにしても押し目を待てばよいし

 上がらない買い持ちも、それが正しければ順番が来れば騰がるよ

 次は自分の番だ!!!!!!!!!!!!

 信じるんだ

 キタぁぁぁぁ~

             

            石炭銘柄

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月20日 (月)

7回目 MACDグラフ

Fxt1

2012/2/9 12:00PM ~ 2/10 9:50AM

この夜は

ギリシャ緊縮策全面合意の噂  ・・・・・

        ********

 MACDグラフは折れ線にして水色がMACD(13-26)、柿色がsignal(9)

 グラフの線上を右クリックして>データ系列の書式設定

 線をなしにして、マーカーを指定にし、色付きのドットにしました。

        ********

 これを使いどこで買い、どこで売るようにしたらよいのか???

 MACD は短期EMAと長期EMAの差だから

 MACDがプラスの時は     短期EMA>長期EMA

 MACDがマイナスの時は    短期EMA<長期EMA

 で単純に順張り的に考えればプラスの時は買いポジ、マイナスの時は売りポジ

 問題は0付近で行ったり来たりする持合の状態

 それを解消するためにこのMACDをさらに平均(EMA)したのがsignal

 MACDとsignalとの交差を使うというやり方もあるようだが、見る限り接近しすぎて使えそうに無いようだ

 MACD自体がEMAの交差なのに、さらに交差を使うというのもなんだか・・・・

 滑らかなsignalをプラスの時、買いポジ。マイナスの時、売りポジとした方が僕は良いように思う

 それで、平均は期間を長くすれば長くするほど滑らかな線になるんだけどその分遅れが大きくなる。

        ********

 パラメタを色々変えてみてください

 シグナルを線形で作ったり、してみるのも面白いかもしれない

 まぁ、検証するにはある程度まとまったデータがいるのだが、その取得先とか、また、そこでデモトレードも出来るので、それを使って自動売買のデモをさせますので、そのやり方を後ほど書く予定です。

 次回予告 E列に条件式を入れ売買サインを出す 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月18日 (土)

6回目 MACD

 C列にCK列を丸々コピぺ

 G列にCL列を丸々コピぺ

 J列・K列にCM列を丸々コピぺ

 セルJ9  : 13    (短期EMA)

 セルK9 : 26     (長期EMA)

L列にMACDを作ります

 セルL9 : MACD

 セルL10 : =IF(K10="","",J10-K10)

M列にシグナルを作ります

 セルM8 : signal

 セルM9 :  9

 セルM10 : =IF(L10="","",IF(ROW()-9<M$9+K$9-1,"",IF(ROW()-9=M$9+K$9-1,AVERAGE(OFFSET(L10,0,0,-M$9,1)),M9+(L10-M9)*2/(M$9+1))))

 シグナルはMACDのEMAです

 各式は950行までドラッグしてコピペ

 次回予告 これでは数字が並んでいるだけなのでこれをグラフに載せます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月16日 (木)

5回目 ロジックの材料

 CA列以降に色んなロジック用の素材を予め作っておいて、それを必要な時にF列:AN列にもってくるような仕組みにすれば良いなぁ~

 と右へスクロールしてみると

 CD1からCG9 に A1:D9 と同じような内容?

 これは、データサイトからコピペをする時に失敗してA1からD9を壊してしまった時に修復するための物です。

 まぁ、それでCK列以降に素材の式を入れていくようにしましょうか

        *******

 サンプルとして余りにも難しいものを使っても先に進まないし、移動平均だけだとつまらないのでMACDを作ってみます。

 MACDの詳しい事は他のサイトで調べてもらって

  ★ MACDに必要なもの

    ・ 指数移動平均(EMA)

 これだけか・・・・・

        ********

 一応、前のレートとの差、単純移動平均も作っておこう

 これらの式はIF文、ROW()関数を使いエラーが出ないようにしよう、またOFFSET関数を使い期間を自由に変えられるようにしておこう、他のサイトにその式が載っていたのだった

 他のサイトの式をそのまま使えばよいのだけど列の位置、パラメータを入れているセルの位置で少し変わってくる

 CK9 : 差

 CL8 : 単純移動平均   CL9 : 10  (パラメータ)

 CM8 : EMA         CM9 : 10  (パラメータ)

         

 CK11 : =IF($D11="","",$D11-$D10)

 CL10 : =IF($D10="","",IF(ROW()-9<CL$9,"",AVERAGE(OFFSET($D10,0,0,-CL$9,1))))

 CM10 : =IF($D10="","",IF(ROW()-9<CM$9,"",IF(ROW()-9=CM$9,AVERAGE(OFFSET($D10,0,0,-CM$9,1)),CM9+($D10-CM9)*2/(CM$9+1))))

 式を指定したセルに入れて950行までドラッグしてコピペ

次回予告 これらを丸々シートの左側に配置していきMACDを作る    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月15日 (水)

4回目 E列に売買サインを入れる

 UWSCを動かして生データを有る程度入ってから、あるいは”保存”シートからデータの値だけをD列にコピペして、E列の適当なところに『買い』と入れればそのAO列に買値が入る。

 それから、AQ列にその時の損益が出るので良いところでE列に『ストップ』 と入れてやると確定して、そのAR列にコストを引いた損益の値が出る

 同じようにE列のその次に『売り』と入れればAT列に売値が入る。AV列にその時の損益が出るので良いところでE列に『ストップ』 と入れてやると確定して、そのAW列にコストを引いた損益の値が出る

 それらが、AZ列以降で集計される

        ********

 セルAZ7に損益合計が出るのだが0.00となって出ていない

 そうだ、ファイルをUPするのに1MBを超えると載せられないので300以降の式を削除したからである。

 AO299:BL299の式を920行までコピペして式で埋めてもらいたい。

 そうすると、PFや損益レシオなどの各検証項目が、8列に出力されます

そして各セルを選択すれば式が見れるので各項目がどのように求められているか分かるでしょう。もしも分からなければ遠慮なく質問してください・・・・  

 グラフを見ると確定利益の線が引かれています。

 保存して終わってください

  次回予告   ロジックの元になる材料

      何か良いサンプルは無いものか??? 単なる移動平均では面白くないし・・・・

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月14日 (火)

3回目 シートの全体

FX-torimasu を開いてください。

 まだのかたはこちら  「FX-torimasu.xls」をダウンロード

        ********

 F列からAN列の10行以降に移動平均やシグマ、トレーリングストップなどの式を入れていきます。今はこの部分は白紙の状態で式は入っていません。

 そして、その白紙部分に移動平均などの式を書いていき(コピペ)して、E列の10行より下に売買サインの条件式を入れ『買い』『売り』『ストップ』とサインが出るようにしていきます。

 7行から9行は各項目、パラメータなどを入れるようにします。

 AD列から BL列には式が入っていて売買の損益計算の結果や評価、検証結果が出るようになっていて、検証に使います。

 セルS3からセルX6 この部分を元に自動発注が重複無に行われるようになっています。

 BNのところにグラフがあリマス

 エクセルを4分割し、右へスクロールして全体を見てください。

        ********

 白紙の状態から、式を入れていけば売買をしてくれて、下の図のようになります。

Fxt2

 次回予告 E列に『買い』『売り』『ストップ』を適当に入れてみる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月11日 (土)

UWSCスクリプトの書き込み

早速コメントを頂きました。

 スクリプトを書き直さなければ使えませんよね・・・・coldsweats01

 今日は土曜日で市場はお休みで実際には動かす事は出来ないのですが、 この土日に自分なりに設定し直して、月曜日に上手くデータを転記出来るようになればと思います。

 UWSCは座標のコントロールが出来るとたいていの事が出来るようになっています。

 ところが、皆それぞれ使っているPCのディスプレーの大きさ解像度が違うのでデータ発信元のデータの位置、エクセルの位置、エクセルのセルの位置が違います。

 UWSCはスクリプトに書かれている決まった座標で決まった仕事をしてくれます。

 ですからUWSCはスクリプトに合わせて、元のデータ、エクセルのセルA1が絶えず同じ位置にないといけないのです。

 又は、その位置に合わせてUWSCのスクリプトの座標部分の記述を変えなければなりません。

        ********

 ★ UWSCの書き込み

 先ずメモ帳、UWSCを開きます。

 UWSCの1番左のボタンをクリック

 FX-syutoku.UWSファイルをメモ帳の画面にドラッグアウトします。

 UWSCスクリプトが出ます   ( ひぇ~5分毎に動きよるcoldsweats02

        ********

 自分のPCの座標に合わせて殆んど書き換えないといけませんね。

 僕はピクセル定規のソフトを使い、いちいち測ってスクリプトに座標を書いていきます。

 発注スクリプトも当然、人によって、証券会社によって違いますので、この、座標の書き換えという作業は発注スクリプト作成時に必要となります。

 例えば6行目から下

 BTN(LEFT,DOWN,390,945,300)  //レートの値をドラッグ

 MMV(410,945,300)
 MMV(430,945,300)
 MMV(450,945,300)

 BTN(LEFT,UP,450,945,100)   //レートの値をドラッグ終わり

 と書いています

 ディスプレーの座標(X,Y)は画面左上が座標(0,0)となっています。 

 左右方向がX座標、上下方向がY座標で、右に行くほどXの値が大きくなります。下に行くほどYの値が大きくなります。

上の例では赤色の数値がX座標、緑色の数値がY座標、黒色の数値は待ち時間です。

この例では緑色の945は変わっていなく、赤色は390から450に増えていますから、上下は変わらず少しゆっくり目に右へ60ピクセルドラッグさせたということになります。

 その下のスクリプトの座標も書き換える必要があります

 残念ながらこの部分は各自書き換えてもらわないとなりません。

 私も、時間を掛けてこの作業をしてきました。

        ********

 動かした時のエクセル画面の大きさですが、

スクリプトの13行

A0CW(GETID("Microsoft Excel - FX","XLMAIN"),136,29,1200,600,0)

で座標(136,29)の位置に1200*600の大きさでアクティブになるようにしています。

僕は、古いエクセル2000を使っていますので、2007とはセルA1の位置が変わってくるかもしれません。それに合わせて下の行のスクリプトの座標も変えてください。

 エクセルの大きさも自由に変えてみてください。

 書き込みが終われば上書き保存。

 

 この様に、コメントを頂くと何を説明したらよいのか、はっきりするし、読者さんにも、そうかとヒントになる事も多く書けて非常に有意義な事だと思います。

 今後も、お気づきの事があればコメントください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月10日 (金)

2回目 UWSCの設定

UWSCは5個のボタンが並んでいる

その一番右のボタンをクリックし>設定(X)・・・

>スケジュール設定をする(S)・・・

テキストBOXの横の『...』ボタンをクリックして

こないだUWSCのフォルダーに入れたFX-syutokuを選択して開きます

その横のボタンをクリック

タイマー設定ダイアナログのインターバルをチェック>5分毎を選択

OKボタンをクリック

これで設定完了

        ********

UWSCを立ち上げれば5分毎にデータがエクセルに入っていきます

次回予告 エクセルシートの全体

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月 8日 (水)

1回目 リアルタイムデータ取得ファイル公開

「FX-torimasu.xls」をダウンロード

『データ転記』ボタンをクリックしますと

今の時刻(セルA4)が変わり、C4が9から10に増え

A列のセルC4の値の行(A10)にその時刻が、D列のその行(D10)にセルB1の値が転記されます。

       ********

『クリアー』ボタン で今の転記した部分は消せます。

しかし、このファイル自体には外部からデータを取り込む機能はありません。そこで、UWSCを使い適当なサイトからリアルタイムのデータをセルA1,B1にコピペさせます。

「FX-syutoku.UWS」をダウンロード

これをUWSCのフォルダーに入れる

データ先のサイトは何でも良いのですが

http://www.gaitamejapan.com/fx/rate.html

を使います。

BTN(LEFT,DOWN,390,945,300) ですから

  加ドル/円 の売レートを座標(400、945)の位置に置いておきます。

ためしにUWSCでFX-syutokuを開き手動で動かしてみてください

その時の時刻とレートがA列、D列の10行から下の方に転記されるはずです

        ********

注意 エクセルのA1の位置がスクロールしてずれていた場合、余計なところにコピペしてしまいます。ファイルを壊してしまうので

その時は保存せずにファイルを消して、又開いて一からやります

絶えずA1が左上(220,220)に位置するようにして、エクセル画面を分割して使ってください。

使ってみたらなにかコメントください、質問、出来ないでもよいです

出来なかったら次に進めないですし

次回予告

 ・UWSCの時間設定

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログの今後

 当ブログの読者と何か作る事が出来たらなぁ~と思って始めたのが当ブログだった。

 そして、2007年からリーマンショックが起こるまでは当ブログもカキッコも熱かった。読者もギブアンドテイクでいろいろと協力してくれた。

 そんなこんなで、ハード面は大体やるべき事を終えた。

 まぁ、儲けるロジックは出来てないし永遠に出来ないのかもしれないのだが・・・・

 しかし、ブログのテーマは自作システムだから、作る事に主眼を置いているし、作る事が楽しい。儲けられるロジックの部分は読者自身がそれぞれ考えてもらわないといけないし、ブログ上でロジックの儲ける部分までは僕の範疇ではない。責任も無い

 

 それで、システム初心者にも自作できるように一から新たにブログを書いていこうと思う。

 まだシステムは作れないがすばらしいアイデアを持っているという人もいるだろう

 そのような人と合体できたらハッピー!(良いロジックくれくれ~~~~~

 まぁ、一方的なギブだけになっても良いのだが

        ********

 次回予告

      ・ カテゴリー: 新自作講座

      ・ リアルタイムデータ取得ファイルの公開(ロジック部分だけを白紙にしたファイル)

      ・ その使い方 

      ・ 今後このファイルを使ってロジックを作っていき自動化までもって行く記事を書いていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 6日 (月)

前場、行動しました

 決算発表が悪かった株も今日は寄り付き高く入った

 天馬を全て手仕舞い

 太平工業を1000だけ残し手仕舞い(その後上がっている

  リカク +7

 三井松島を@170で2000買い増し

 日成ビルドを@203で1000買い増し

        ********

 土日、売り銘柄を探していたのだけど

 業績発表で5901ようかん

 チャート的には8139サンリオ

 持ち株の方に気をとられていて気づけばキティーちゃんが既にえらい下がっていた。

 羊かんは寄り付きGUしていたので、買い持ちを売って、から見たら下がってきていたので

 500株を@1098で売りました。

        ********

 CP        80

 買い持ち    236

 売り持ち    152 (含み損-11

 FX        33

 こんな時、売りにくいけど残り50程売りたい

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 5日 (日)

未練を断ち切れるか!!!

 株の話しです

 3Qの発表があってそれを元に残す株、手仕舞いする株、新たに組み入れる株を決めないといけないようだ

 もう少し持って置きたいなぁ~

 なんて、未練も残るのだけど一旦リカクして配当を狙うのならまだ2ヶ月あるし、もっと安くなったところで拾えばよい

 1銘柄配当の良いものを探したので、買って、それと入れ替えて・・・

 売り持ちは担ぎ上げられているけど、ヘッジとしての数量がまだ足らないので、もう1銘柄100万ほど空売りを入れてみる予定

 担ぎ上げられた一部を一旦損切りするのも良いのだけど、これも未練が・・・・・

 去年の3月には売り持ちの方が若干多くて、また何があるかわからないので絶えず売り買いの数量を同じ程度にしておきたい

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »