« 4回目 E列に売買サインを入れる | トップページ | 6回目 MACD »

2012年2月16日 (木)

5回目 ロジックの材料

 CA列以降に色んなロジック用の素材を予め作っておいて、それを必要な時にF列:AN列にもってくるような仕組みにすれば良いなぁ~

 と右へスクロールしてみると

 CD1からCG9 に A1:D9 と同じような内容?

 これは、データサイトからコピペをする時に失敗してA1からD9を壊してしまった時に修復するための物です。

 まぁ、それでCK列以降に素材の式を入れていくようにしましょうか

        *******

 サンプルとして余りにも難しいものを使っても先に進まないし、移動平均だけだとつまらないのでMACDを作ってみます。

 MACDの詳しい事は他のサイトで調べてもらって

  ★ MACDに必要なもの

    ・ 指数移動平均(EMA)

 これだけか・・・・・

        ********

 一応、前のレートとの差、単純移動平均も作っておこう

 これらの式はIF文、ROW()関数を使いエラーが出ないようにしよう、またOFFSET関数を使い期間を自由に変えられるようにしておこう、他のサイトにその式が載っていたのだった

 他のサイトの式をそのまま使えばよいのだけど列の位置、パラメータを入れているセルの位置で少し変わってくる

 CK9 : 差

 CL8 : 単純移動平均   CL9 : 10  (パラメータ)

 CM8 : EMA         CM9 : 10  (パラメータ)

         

 CK11 : =IF($D11="","",$D11-$D10)

 CL10 : =IF($D10="","",IF(ROW()-9<CL$9,"",AVERAGE(OFFSET($D10,0,0,-CL$9,1))))

 CM10 : =IF($D10="","",IF(ROW()-9<CM$9,"",IF(ROW()-9=CM$9,AVERAGE(OFFSET($D10,0,0,-CM$9,1)),CM9+($D10-CM9)*2/(CM$9+1))))

 式を指定したセルに入れて950行までドラッグしてコピペ

次回予告 これらを丸々シートの左側に配置していきMACDを作る    

|

« 4回目 E列に売買サインを入れる | トップページ | 6回目 MACD »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/218459/44038659

この記事へのトラックバック一覧です: 5回目 ロジックの材料:

« 4回目 E列に売買サインを入れる | トップページ | 6回目 MACD »