« UWSCスクリプトの書き込み | トップページ | 4回目 E列に売買サインを入れる »

2012年2月14日 (火)

3回目 シートの全体

FX-torimasu を開いてください。

 まだのかたはこちら  「FX-torimasu.xls」をダウンロード

        ********

 F列からAN列の10行以降に移動平均やシグマ、トレーリングストップなどの式を入れていきます。今はこの部分は白紙の状態で式は入っていません。

 そして、その白紙部分に移動平均などの式を書いていき(コピペ)して、E列の10行より下に売買サインの条件式を入れ『買い』『売り』『ストップ』とサインが出るようにしていきます。

 7行から9行は各項目、パラメータなどを入れるようにします。

 AD列から BL列には式が入っていて売買の損益計算の結果や評価、検証結果が出るようになっていて、検証に使います。

 セルS3からセルX6 この部分を元に自動発注が重複無に行われるようになっています。

 BNのところにグラフがあリマス

 エクセルを4分割し、右へスクロールして全体を見てください。

        ********

 白紙の状態から、式を入れていけば売買をしてくれて、下の図のようになります。

Fxt2

 次回予告 E列に『買い』『売り』『ストップ』を適当に入れてみる

|

« UWSCスクリプトの書き込み | トップページ | 4回目 E列に売買サインを入れる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/218459/44035919

この記事へのトラックバック一覧です: 3回目 シートの全体:

« UWSCスクリプトの書き込み | トップページ | 4回目 E列に売買サインを入れる »