« ゼロサム | トップページ | 元祖 絵文字 »

2012年3月 4日 (日)

期待値

 昔読んだ青本には期待値について書いてあった

 まぁ、自作システムトレードでは相場が決まったように動いてくれないのでそれほど意味も無く、考える事もなかったのだけど

 仕組み債 の場合 期待値がプラスなのかマイナスなのか考えないといけないようだ

 ギャンブルはなんでも胴元が勝つようになっていて、我々、子の期待値はいつもマイナスだ

        ********

エコノミスト から引用

 仕組み債 のルールを サイコロ のゲームに例えると

1~4 の目が出ると 50万 貰える

5 の目が出ると 100万 払わなければならない

6 の目が出ると 500万 払わなければならない 

と言うルールになる

 それが、数十回 行われる

        ********

期待値の計算

50万*4=200万

-100万*1=-100万

-500万*1=-500万

200万-100万-500万=-400万

-400÷6回=-66.7万

1回当たりの期待値は-66万となる

胴元はサイコロを振り続ければ1回当たり66万儲け、子は66万損する計算だ

        ********

 まぁ、このように販売代理店の人が説明してくれたなら誰も購入しないだろうが

盲点は-500万の目の出る確率だ、上の例では1/6の確立なのだが

販売代理店の人も購入者も-500万の目の出る確率はもっと低い、あるいは殆んど無いように思っている

 しかし実際には上のサイコロの目ぐらいの確立で出るようなのだ・・・・

 そして、それを利率●.●●%なんて書いてあるもんだから、全く意味が違うのに定期預金の利子と比較してこっちの方が有利だと錯覚してしまう

 胴元を太らせるだけなんだから、騙されないように気お付けよう

|

« ゼロサム | トップページ | 元祖 絵文字 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/218459/44360355

この記事へのトラックバック一覧です: 期待値:

« ゼロサム | トップページ | 元祖 絵文字 »