« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月28日 (月)

FXシュミレーションゲームつづき3

つづき

結果

確定損益

0.474 11 10

 Fxg1

何とか勝てた

裁量ですると1行か2行どうしても判断・実行が遅れる(5分から10分の遅れ)

自動売買ではその遅れはない、発注に10秒ぐらいかかるぐらいだ。

その部分を修正すると

確定損益

0.520 12 9

少し良くなった(1箇所だけ、たまたま遅れて良かったところがあったけど)

100行から300行のような 動きの無いときはサインが頻繁に出る。反対に動けばハラハラし、少し利益が出たなぁと思ったら次の瞬間、反対に動いている。買えば下がり、売れば騰がるの連続、そして小さな損失が続く。

 こう言う時はあまり動かないほうが良い

 それで、AGの値が-10から10の間はポジションを変えない

 という条件を付け加える(上の結果はその条件を既に付け加えていました)

 もしもその条件をつけなければ

確定損益

0.250 12 19

 と、その100行から300行の間に8連敗-46P

 動きのあるときは比較的良かった

 今日は動きなし、休めばよいのに、それでも懲りずにやっている・・・・・・・

つづく

      次回 300行以降の動きのあるときの考察            

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年5月27日 (日)

FXシュミレーションゲームつづき2

 これまでの流れ

 ・ リアルタイムデータ取得ファイル

 ・ UWSCの設定

 ・ MACD、SLOPE、シグマ、頂点判定、などロジックの材料となる指標を作った

 ・ 売買サイン条件式

 ・ UWSC、VBAによる自動発注

 ・ それを使ったデモトレード

 ・ ロジックの開発と改良

 ・ FXシュミレーションゲーム

    ---------

 ・ (FXシュミレーションによる問題点の洗い出し)

 ・ (ロジック完成)

 ・ (自動売買)

 

        ********

FXシュミレーションゲーム

「fx.lzh」をダウンロード

を使えば読者と同じ材料で、動的な勉強が出来る。

それでは、

 ゲーム番号 8番 で試してみます。

 『Q列(AG列)の”EMA*3の傾き*2”のピーク・ボトムで売り買いする』 を裁量でやってみます。

        ********

 セルE1 に8と入れ ”クリアー” ボタン を押します

 69行 まで、データが入ります

 ”データ転記” ボタン を押す度にデータが70行・71行と入っていきます

 74行 からゲームスタートです

        ********

 どうしましょうか????

 トレンド判定は上昇だけど・・・・・

 AG列が12.2から5.5に(AE列が0から-6.8)なっているので天井????

 売ってみます

 ”売り”ボタンを押し、”データ転記” ボタン を押す

 74行 E・F列に売りと入りました。建値は@77.358S

 次の判断まで、”データ転記” ボタン をしばらく押し続けます 

        ********

うわぁぁ~ まだ騰がりよる

85行からAG列はマイナスに、90行でAF列が2.3に

ここでドッテン買いにします

”買い”ボタンを押し、”データ転記” ボタン を押します

建値は@77.431L

1回目の取引は-1030円の負けです

        ********

 今度は買えば下げるAF列の0が弱い事を示している・・・  

 114行で AGがプラスに

 116行で AEが0からマイナスに  //ここでドッテン売りにすればまた負けなのでこのままHOLD(あとでこの部分のロジックに手を加える予定)

 122行目で ドッテン売り (2連敗)

 また裏目に

 まぁ、非常に難しいです。嫌になってきます

 多分このままでは勝てんcoldsweats02

        ********

 めげずに続けた

 つづく

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年5月26日 (土)

良い方の筋書き

 売り持ち買い持ち現金 とほぼ均等のPFを心がけているなら

 大きく全体が下がったとしてもそれは悪い事ではない

 むしろ、売りは信用期日があるので先に下がってくれた方が有り難く。

 それをリカクして、その金と現金で下の方で買い増しをすれば良いのだ。

 その後でゆっくりと騰がってくれればそれで良し

        ********

 まぁ、上手く下で買い増しが出来れば良いが

 それで、昨日突然、持ち株の太平洋興発が吹き上がった。

 しかし、買い増しはしていなかった・・・・・・・・・・

 続いて、三井松島によいIRが出て、これは2000株買い増ししているので、同じように騰がれば良いのになぁ~

 、

 6年前持っていたAOC5017が@337の年初来安値

 2500円から1/7になってしまった

 

 石油 よりも 石炭  なんちゃって

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月25日 (金)

簡単な天・底の求め方

 考え方はトレーリィングストップと同じです。違いはレイトをそのまま使えば激しく上下に動くのでトレーリィングストップの場合、高値を求めてそこからいくらか下がった所で売買の判断をさせます。

 今回はそれでは遅いので、平均を3回もして、出来るだけ滑らかにして、その傾きの傾きを使います(分け解らん。とにかく滑らかな状態のものが良いです。頂点が一杯出来ても困りますもん)。

 そしてそれが少しでも下向けば、そこを頂点とします。

       ********

 これをFXシュミレーションゲームのAE列からAI列に作ってみます。雛形として一つ作っておけば、そこにどんな平均を持ってきても使えます。

セルAEの8・9行 から セルAIの8・9行に以下のように項目を入れます。

判別 判別 平均 対 象 対 象
最高 最低 対 象 最高 最低

式を入れます。

セルAG65 : =$Q65         

// 下へコピー ここには他の対象でも良い、自分の使いたい物を別の列に予め作っておいてそれを参照するようにします。

セルAH65 : =IF($D65="","",IF(AG65<0,0,IF(AG65>AH64,AG65,AH64)))

// AG値が高い値になれば書き換え、マイナスになれば0に戻すという式、これがトレーディングストップの時に使った式と同じ

セルAH65 : =IF($D65="","",IF(AND(AH64>0,AH65=0),AG65,IF(AG65>0,0,IF(AG65<AI64,AG65,AI64))))

// 低い値になれば書き換え、プラスになれば0に戻すという式

セルAE65 : =IF($D65="","",IF(AI65<0,"",AG65-AH65)) 

セルAF65 : =IF($D65="","",IF(AH65>0,"",AG65-AI65))

// AE列は騰がり続けている時は0で下がり始めるとマイナスになります。

同じようにAF列は下がり続けている時は0で騰がり始めるとプラスになります。

        ********

 AE/AF列を元に売買の判断を下します。

次回 シュミレーション

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月23日 (水)

ロジック

 信用売りの期日が明日来ます。売値にあと少しで到達するのに

 まぁ、よく担ぎ上げられて、よく戻ってきたと・・・・・

 僕の3月時点での最悪の筋書きは売り持ちも買い持ちも共に20%は下がるというものでほぼその通りになってしまった。

 もちろん良い筋書きも当然あって、それは買い持ちはそれ程下がらず、売り持ちだけが大きく下がるという自分にとって都合の良いものだった・・・・・・しかし、そうはいかない

 でも、悪い時は悪いなりに、資金を守り、つぎの場面に備えなければならない。

        ********

 FXシュミレーションの結果、このSLOPEを使っていてはかなり遅く、大きなトレンドが長く続く時は良いがそれ以外はダメなようだ・・・

 Q列の”EMA*3の傾き*2”のピーク・ボトムで売り買いするのが合っている様だ

 問題点は3つ

 1. レートの動きは波だから普通にプログラムを組めば売り買いが交互に来ます。しかし、それをその通りに繰り返し取引をすれば勝てません。

 別の指標でどちらか一方に決めるようにそれを条件式に組み込むか、裁量で今日はSとかきめてそれをセルF8に入力して買いのサインが出たときはストップにするとかすれば良いのだが

 2. 騙しのピーク・ボトム そこが底かと思えば余りにも弱く更にその下に底が有るような場合

 これも別の指標を使えれば良いのだが、そう簡単ではない

 今日はSだけと決めておけば下手な買いが入らないのでそれによる損失は免れるが

 今のところは裁量でカバーするしかない

3. 動きが非常に小さい時

  サインが不安定になる

        ********

 早速、条件式をそれように作り直し、朝から動かしたS設定で3回とれた(参入は自動だが手仕舞いはエクセルのサインを見て手動で行った。

 PM6:00台は夕食でPCを離れている間に 売り即ストップという-800円の取引をしていたようだ。これは3番目の問題だ・・・・

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月22日 (火)

FXシュミレーションゲーム1

 早速、FX自動売買のエクセルシートを元にシュミレーションゲームを作ってみました。

「fx.lzh」をダウンロード

■ 使い方

 ”データ転記ボタン”を押す毎にデータが1個だけ更新されます。

 自動でスクロールはしないのでセルC4の最新の行まで手動でスクロールしてください。

 裁量ボタン”か い”、”ストップ”、”う り” を 押すと、セルF3に自分が下した判断が表示され、”データ転記ボタン”を押すとそれが次に反映されます。

 グラフを見て決めるもよし、備え付けの移動平均、MSCD、MACDクロス、平均の傾き、SLOPEなどを参考に裁量ボタンを押してみてください。

結果はセルA6:C7 に出ます。

        ********

 新しいゲームを始めるにはセルE1のゲーム番号を変えて、”クリアー”ボタンを押してください。ゲームは1から14まで用意しています。スタート行は70行から、終わりは597行、43時間分です。

 ゲーム番号が変わればレートの幅も変わりますので,それに合わせてグラフの目盛りを変えて下さい。

        ********

 高得点を出しても、なんら褒美もありません

 ゲームというよりは練習用です

 何かを掴んでいただければなぁ と思います。

        

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月21日 (月)

午前中 2連敗

 FX は2週続けて300P程の勝ちで、気合の入るところで、日曜日は、しこたま取引のシュミレーションをし、こうすれば勝てるんだ と意気込んでするも2連敗

 それで、エクセルでFXシュミレーションゲームなんかを作ってみるのも面白いかなぁ~

 なんて思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2012年5月19日 (土)

19回目 グラフで結果を見る

 つづき

 グラフには損益曲線しか出ていませんね

 Ssdemo2

グラフの左側を左クリックして軸の書式設定>目盛>

最小値を79、最大値を82、X/項目軸・・・を79にします。(レートの範囲が変わったり、過去検証する時はその時のレートに合わせてこの値を変えなければなりません。VBAでコントロール出来そうだけどやめときます。)

Ssdemo3

ところがこのグラフは損益曲線に第2軸を使っている。しかし2軸はシグマとSLOPEを使いたい・・・・・

        *******

 それで、損益曲線のダミーをBM列に作ります グラフを右に少しずらして

 セルBM10 : =ROUNDDOWN($D10-1,0)+0.5

 セルBM11 : =BM$10+AZ11    //これを下にコピー

 この列をグラフに追加します 線の色や太さを調整して

        ********

 つぎに、シグマとSLOPEのグラフを追加するのですがそのまま入れると単位が小さすぎてグラフになりません、また、この二つも桁が一つ違います。

 そこで、同じようにグラフ用のダミーをBN・BO列に作ります

 10行から59行まで79、80と入れてください。

 セルBN60 : =IF(D60="","",DC60)  

 セルBO60 : =IF(D60="","",DD60*10)

 //これを下にコピー

        ********

 これをグラフに追加 グラフの右側を右クリック 元のデータ>系列>追加

 79と80のところに線が・・・・

 その線の上を右クリック データ系列の書式設定>軸>第2軸

  グラフ右のラベルを右クリック 軸の書式設定>目盛

 一応 最小値-1、最大値1 にします。

 セルBN59、BO59 までの79、80 を消します。

 その線の上を右クリック データ系列の書式設定>

 線 なし / マーカー 指定 スタイル ○ 自動 自動

       ********

 各系列に名前をつけて、目盛りを最小値-1、最大値0.6 として見やすいように上にずらし出来上がり

Ssdemo4

グラフを見て、問題点を言えば

シグマの黄色い線が上に伸びきって、そこから元に戻る時、判定では停滞になるんだけど、大きく動いている。

反対にシグマが小さい場合、上昇、下降のサインが出ても、それ程動いていない場合がある。

手仕舞いも、このままでは遅く、解決策としてDJ列の”SLOPE傾き3個前との差”を用いるのも一つの手であろう

        

注意 しかし、このまま、この売買条件式を自動で使ったとしても、綺麗に勝つこともあろうが大概は何連敗もするであろう・・・・・

だから今は参考程度に裁量で取引をしています

     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月17日 (木)

ペアートレードとは少し違うやり方

 簡単に、近況報告

 個別株の方は買い持ちが全滅、S安も喰らい、最後の頼みの興発も沈み-55万の損失

一方、売り持ちは担ぎ上げられて-25ぐらいあった含み損が、含み益+15に変わった

その間、リカク、損切りもあって

差し引き20万ほどのマイナスか・・・・・

FXの方は担ぎ上げられていたS持ちのEUR/USDがプラスに、CAD/JPYは5月より取引再開で比較的上手く行っている・・・・・・そんなこんなで5月に入って+6万ほど

        ********

 思うに、ある銘柄、通貨はポジションを固定して、他の銘柄、通貨で損益を管理しようという考えだ・・・・

 ペアートレードの場合、ある程度、相関関係にある物を反対売買して、リスクを少なくするという考えのやり方だが、それでは利益の方も相殺されてしまう

 それとは違って

 例えば、EUR/USDをSポジ固定していて、それが反対に騰がれば、その損失をCAD/JPYが同じように騰がっているならそれを買ってカバーし、今のようにEUR/USDが下がって利益が出ているなら、ペアートレードの様に なにがなんでもCAD/JPYを買うと言う様な事をしないで、CAD/JPYが同じように下がっているのであれば売って利益を更に伸ばせば良いではないか・・・・・

 個別株もA銘柄を現物ポジ固定でB銘柄をヘッジで空売りとガチガチな考えではなく全体が騰がっているなら信用B銘柄も信用買いで大きく儲けて、今の様に全体が下がっているなら空売りで損失を出来るだけ少なくすれば良い

        ********

 まぁ、そう言う僕も頭が硬く、また上のように上手くしようと思うが、正しい読みと素早い判断、行動が必要で、そう簡単ではない

 そんなこんなで、全体は一旦振り出しに戻ったような状態(悲惨な状態)だけど,これからどのように立て直すのか、買いだけではなく色んな考えやり方があり、また自分に合ったやり方があり、先ずここからが再スタートであると考えたい

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月14日 (月)

18回目 E列に売買サインを入れてみる

 つづき

 DB列からDK列まで式を入れれば以下のように成ります。

Ssdemo

 各セルの書式を整えます。

 E列にはまだ何も入っていません。

 DK列の仮サインを見てE列71行から77行まで”売り”、78行に”ストップ”と入れてみましょう。

AO列からBL列にその結果が出ますよ。

コストを0.03とているのでAW77に-0.01と出ています100円の負けです

        ********

 まぁ、手書きでは面倒なので

 セルE71 : =DK71

 と入れて下にコピペしてください。

 結果は如何に・・・・・・

 ・・・・・・・・・・

 ?????

 グラフを見れば損益曲線(茶色)が出ているけど290辺りで止まっている・・・・

 AO列からBL列の式が299行真でしか入ってないので、式を2000行までコピぺしてください。

        ********

 最後E628に”ストップ”と入れてください。

  話はそれて、  金曜の夜、娘が最終電車で帰ってきて12:30に駅まで迎えに行った。それで、家に帰ってから、友達から「ティエンズ」と言う会社でネットワークビジネスをしないか?と誘われ。遅くなったと・・・

 まぁ、それで、よく聞けばマルチやん

 AM3:30 までその話しで盛り上がった。

 そんなこんなで、AM3:30まで動かしていた。

 僕の結果は、指標発表まえ売り持ちだったので30P程負けていたがその後買い、売りと2回かててほぼトントン

        ********

 結 果

 +43P 8勝13敗

 AZ6,7から右にその結果が出ます

しかし、過去検証では良い結果は得られませんでした。

まだまだ、矛盾点はあるので、こうすれば勝てる。見たいな偉そうな事はいえません

 まぁ、フローチャートも書かない場当たり的な我流のやり方だけど 条件式を作るヒントにしてもらえば幸いですcoldsweats01

 次回 グラフを整える  

     問題点を探るためにもグラフが有った方が良いですし・・・・

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月12日 (土)

17回目 売買サイン条件式の作り方

 

「FX-torimasu.xls」をダウンロード

 エクセルシート FX-torimasu は E列に売買サインを入れるようになっています。そこに、サイン(”買い”、”売り”、”ストップ”)を入れれば(手書きでも可)結果が出るようになっています。

 シート!検証を開く

 (感激!!!  まっさらの状態で式が入っていない

 共通のデータを使いましょう。

 「cadjpy12.5.11.xls」をダウンロード

 上の時系列データをD列に、時刻をA列に入れてください。

 C列には僕の使っているのには差を求める式が入っています。

 先ず手始めに

 セルC9 : 差

 セルC11 : =IF($D11="","",$D11-$D10)

 をコピペして下にコピペ  

        ********

 全く式の入っていない状態なので

 新自作講座 15回目 を読んで式を入れていきます

        ********

 練習として、結果に反映はされませんが、先ず、DK列に仮の売買サイン条件式を書いていきます。

 そして、それを見て手書きでE列にサインを入れ、それで、良い結果が出れば、後ほど、その条件式をE列に移せばよいと思います。(しかし、なかなか良い結果は出せません、期待しないでください。)

 

        ********

 セルDK7、DK8、DK9 : 仮の 売買 サイン

 先に、D列に 時系列データを入れます。

 DI列の71行からトレンド判定が出ます。

 それで

 セルDK70~セルDK10行 : ストップ 

 // 入れます この部分は式が入っていませんよ。といううことを示すためにセルを黄色にしておきましょうか・・・・

DI71には”下停滞”と入っているので、NOポジの状態から”下停滞”は”売り”とこの前、決めたので(その人の好みの問題、独断です)そのように条件式を作ってみます。

        ********

セルDK71: =IF(AND(DK70="ストップ",DI70<>DI71,DI71="下停滞"),"売り",DK70)

// ANDの中味 NOポジで(DK70="ストップ")、トレンド判定が変わり(DI70<>DI71)、それが”下停滞”(DI71="下停滞")なら

 "売り"サインを出します。 それ以外は代わらずDK70のまま

        ********

 トレンド判定が”上停滞”だったら????

 これと同じ内容のIF文が中に入ります

 97行目に”上停滞”と出ていますのでそこで式を作って見ます。

DK96にストップと入れて、今作った式をDK97にコピペします。

セルDK97 : =IF(AND(DK96="ストップ",DI96<>DI97,DI97="下停滞"),"売り",IF(AND(DK96="ストップ",DI96<>DI97,DI97="上停滞"),"買い",DK96)) 

 // 意味は全く同じで売りと買いの違いだけです。

この式をDK71にコピペし直し、それを97行までコピペしていきます。

        ********

 手仕舞い(”ストップ”)の条件をまだ入れてないのでサインは”売り”となっています。ここで、”買い”サインを出させたいのですがそのためにはここまでの良いところで”ストップ”サインを出しておかねばなりません、しかもリカクのポイントで

 真剣に考えたら条件が一杯になる

 兎に角、利益、損失、関係無に”下降”、”上昇”が終われば”ストップ”サインを出させるようにしてみます。

        ********

 79行目で一旦”下降”から”下停滞”に変わっているのでここで”ストップ”サインを出させてみます。

 そして、81行目の”下降”で”売り”サインを出させます。

セルDK81: =IF(OR(DI81="下降",AND(DK80="ストップ",DI80<>DI81,DI81="下停滞")),"売り",IF(AND(DK80="ストップ",DI80<>DI81,DI81="上停滞"),"買い",IF(AND(DI80="下降",OR(DI81="下停滞",DI81="上停滞")),"ストップ",DK80)))

 // となります。OR(DI81="下降" ”下降”になれば無条件で売りになります。

  AND(DI80="下降",OR(DI81="下停滞",DI81="上停滞")),") ”下降”から”上、下停滞”になると手仕舞います。

 これと同じパターンで”上昇”の場合と”上昇”から”上、下停滞”になった場合の条件を入れます。

 この式を71行から151行まで貼り付けます

        ********

 151行目が”上昇”から”上、下停滞”に変わっていますので、ここで作ります。

セルDK151: =IF(D151="","",IF(OR(DI151="下降",AND(DK150="ストップ",DI150<>DI151,DI151="下停滞")),"売り",IF(OR(DI151="上昇",AND(DK150="ストップ",DI150<>DI151,DI151="上停滞")),"買い",IF(AND(OR(DI150="上昇",DI150="下降"),OR(DI151="下停滞",DI151="上停滞")),"ストップ",DK150))))

 となります。

 この式を71行から下へコピペします。

 次回 この結果とグラフ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16回目 参入、手仕舞い、損切り 条件

 売買サインの条件式は前のシステムのものを一部改良しながら使っているので余分な部分もいっぱい有って何がなんだかわからない状態

 損切り条件もまだ付けていない

 それで、先ず、トレンド判定を使い、参入、手仕舞いのパターンを決めなければならない。

1. ”上昇”(買い持ち) >> ”上停滞” (手仕舞いか、持続か?)

2. ”上昇”(買い持ち) >> ”下停滞” (手仕舞いか、持続か?)

3. ”上昇”(買い持ち) >> ”下降”  (手仕舞いドッテン売り

        ********

   HOLDの状態から停滞になった場合、兎に角、手仕舞いしたとして

4. ”上停滞”(NOポジ)>> ”下停滞” (売り参入か、見送りか???)

 思うに、NOポジの状態から”下降”、”上昇”で参入したなら、もう既に動いていて”下停滞”、”上停滞”で参入するより利益も小さいし、しかもリスクも大きくなるのではないだろうか・・・・・

 これは重要な考えだ

        ********

5. NOポジから4.で参入して

 ”下停滞”(売り持ち)>>”上停滞”(手仕舞い、ドッテン買い、売り持ち持続????)

 この場合動きがまだ小さいのでどちらに動くかわからない、この状態でフラフラとポジションを変えていたなら何回も負けるであろう。僕の考えでは持続で良いと思う。

  まぁ、まだ2、3点、考えられるパターンがありますが、まず上の考えで、売買指示サインを出す条件式を作っていこうと思います。

 次回  売買サイン条件式の作り方 

      5/10,5/11の共通のデータを使い実際に条件式を作っていきます

    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15回目 エクセル トレンド判定

まず、D列に時系列データ

DC列からDJ列に式を入れようとおもいます。

 ■ 項 目

セルDC9 : シグマ

セルDD9 : SLOPE

セルDE8、DE9 : シグマ 傾き

セルDF8、DF9 : SLOPE 傾き

セルDG7、DG8、DG9 : シグマ 傾きの 移動平均

セルDH7、DH8、DH9 : SLOPE 傾きの 移動平均

セルDFI8、DI9 : トレンド 判定

セルDJ7、DJ8、DJ9 : SLOPE 傾き 3個前差

■  式

セルDC60 : =IF($D60="","",STDEVP(D11:D60)) 

   // STDEVP は標準偏差の関数です

 

セルDB列 : DB10から下に1,2,3,4、・・・・とセルDB2000まで入れる

セルDD60 : =SLOPE(D11:D60,DB11:DB60)

  // SLOPE は線形回帰の傾きの関数です

   

セルDE61 : =IF($D61="","",(DC61-DC60)*1000)

セルDF61 : =IF($D61="","",(DD61-DD60)*10000)

  // セルの書式はどちらも数値で、小数点以下1とします。

セルDG70 : =IF($D70="","",AVERAGE(DE66:DE70)) 

セルDH70 : =IF($D70="","",AVERAGE(DF62:DF70))

  // 単純移動平均    シグマの方を5個平均、SLOPEの方を9個平均にして、わざとシグマの方を早めます。そうしなければ、

 下降>下降>下降>上昇>上停滞>上停滞>上停滞

 と不自然に上昇が入ってしまう時があります。この方法は後から思いつきました

 

        ********

 ■ トレンド判定の条件式

その前にトレンドの判定を安定させるためにDJ列に式を入れておきます。

セルDJ72 : =IF($D72="","",DH72-DH70)

// SLOPE 傾きの 移動平均の 3個前との差

セルDI72 : =IF($D72="","",IF(AND(DG72>0,DH72<0),IF(DJ72>0,DI71,"下降"),IF(AND(DG72>0,DH72>0),IF(DJ72<0,DI71,"上昇"),IF(AND(DG72<0,DH72<0),"下停滞","上停滞"))))

// IF文を使い前に書いたトレンドを4通りに分けて表示するようにしています。

        ********

 このトレンド判定をどのように使うか

 上昇、下降で参入していては少し遅いようだ・・・・・

 いろいろ、試して、この特性、性質をつかもう

 

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月11日 (金)

 今日の朝、取引管理表を開いて損益を確かめていたら3月末からそれほど変わりはなくトントンだった

 三松の下げも想定内

 と思っていたら

 日成ビルド までも S安

 今日1日で30万のマイナス coldsweats02

 これは、洒落にならん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本時間 3連敗

 昨日の日本時間のように0.30の以下の幅で動かれたら、検証上、売りで入って上手くいかないからといって、そこを買いで入ったとしてもどちらもヤラレルcatface

 だからといって、裁量でやってもヤラレル・・・・・・

 それで、3連敗-40P 

 しかし、そこで降りては、自動売買のテストにはならない、

 PM8時からサインは”買い”に変わり+32P

 そこで、また売ろうかなぁ と思ったけど11:30を過ぎてたので止めた

 差し引き -8P の負け

 1勝3敗 でこの成績ならOK

 その間、今後に繋がる、色んな事が思いついた・・・・・flair

 ブログに反映していきます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月10日 (木)

自動じゃなくても・・・・

 それで、昨日は上手く4連勝 約80PのプラスでAM1:00に取引を終えた。

 トレンド判断の理屈は概ね合っているようだ。

 そこで、どのようにこれを利用していくかである。

        ********

 自動じゃなくても、イワイFXのチャートのインジケータに標準偏差(50)、線形回帰分析スロープ(50)を追加してそれを見て判断し注文を出すのも良し

Ss3

Ss4

 また、エクセルにトレンド判定させてそれを見て注文を出すのも良し

 そうすれば、過去検証ではなく、実戦でこういう時は参入して、こういう時は参入見送りだなぁと次第にわかってくるのではないだろうか・・・・・

  次回   エクセル トレンド判定 の式 の作り方       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 9日 (水)

 三松があぁぁぁ~

 僕の前々からの予定では132ぐらいまでは覚悟して、その分は他の売り持ちの利益でカバーしようと言うものであった。

 しかし、他の銘柄より下げの速度が早すぎ

 まぁ、その予定通り@132で2000株、買い増し

 下で、もう3000株、仕込む予定・・・・・・

 たぶん、先の長い勝負になるでしょう。それで、気も重くなるところですが、太平工業、マスプロ、太平洋興発にしろ、大きく凹む事は何度もあった。しかし、過去、全て上手く行っている(高いところの買いではないし。)

 いくらでも、挽回する方法はあるし、落ち込まず楽しくやりたい。

        ********

 FX の方は トレンド判定の微妙なところの処理を上手く出来るように改良できた。

 比較的上手くその時のトレンドを表現できていると思う(自画自賛・・・・

 今朝 9:00に騙し的な上げがあったが、裁量でそれには乗らず、直ぐに下降のサインが出たので、そこで参入しました。

 その後、PM3:00前まで下降トレンドが続きました。

 ところが、まだ、手仕舞いのルールが決まっていないので(条件式に手仕舞いの条件を入れていない)、PM2:50に下降から上停滞に変ったときに手動でリカクしました。

 その後少し上がっているのですが上停滞の表示のまま

 雷が鳴ってきたのでPCの電源OFF

 収まったので、PM5:00に再開、

 参入だけは自動で出来るので、自動にしておいたら、PM5:30に下降の表示に変わる。

 即、売り注文を出したいところだが、条件式が循環参照エラーになるので、自動の場合5分遅れの発注となります。

         ********

 プログラムを作っていると、参入は比較的簡単(先の事は判らないので)だけど、手仕舞いルールを考えて作るのはいつも難しい。出来るだけ利は伸ばしたいし、少ない損で済ましたいし・・・・

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 8日 (火)

14回目 シグマとスロープの考察

 月曜は三井松嶋の劇下げで売り持ちの利益の倍ほどヤラレた。

 しかし、これも想定内、安いところを更に拾っていく予定だ

        ********

 FXのシステムのロジックの方をあぁでもない、こうでもない、といじっていたら最後には訳が解らなくなり仕舞いには潰してしまった。

 今日はPM3:00過ぎから実戦をしながらシステムを1から作り直し

 そこで、シグマと線形スロープをグラフに重ねて見ていた

Ss1

 じっと見て感じたのは

 シグマが上昇 して スロープが下降 している場合 レートの方も大きく下がっている事がはっきりと解る

 それでは、上昇の場合、停滞している場合はどうなのか考えてみた

        ********

 4通り考えられる。

上昇、下停滞(下向きの停滞)、下降、上停滞(上向きの停滞)、

それらをシグマと線形スロープの関係に当てはめると

1.  下降   :  シグマ上昇 & スロープ下降

2.  上昇   :  シグマ上昇 & スロープ上昇

3. 下停滞   :  シグマ下降 & スロープ下降

4. 上停滞   :  シグマ下降 & スロープ上昇    

        ********

 それぞれの下降、上昇の判断は傾きの平均を取り、条件式で表示します。

Ss2

 まぁ、今のところ騙し的な部分があって、完全な状態ではないので、サインを見ながらの半自動売買です・・・・・・

   

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 5日 (土)

売りの手仕舞い

 線形回帰は移動平均と違いレイトを追い越す

 そこで、その性質を利用して、線形回帰が追い越したとき(レイトが線形回帰を上回った時)に、売り持ちにある程度、利が乗っている時、手仕舞います。

 次の参入は、線形スロープがプラスでレートが線形回帰の上にあれば買い参入。

 線形スロープがまだマイナスのままで再度レートが 線形回帰の下にくれば売り参入。

 今日は +43P と上手く勝てたのでとめて寝ます。

  PM9:30の前と後ろは別物だ!!

  だから、9:15には一旦ポジションを解消して(ストップの状態にして)PM9:40からシステムを動かすのが良いのではないかと感じた。

 そこのところを徹底的に検証するのも面白そうだ・・・・・・

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 4日 (金)

PM9:30の動きで

 PM9:30前は2連敗中(-23P)で、しかも、買いポジションだったので、一瞬グラフから下に消えてしまい、更に損失が-60P程膨らんだ。

 ところが、そのあとすぐに+90Pと大きく反発したので@81.27(エクセル上の値)で手仕舞いして一旦ストップ(NOポジ)となった。これは、今日の朝、条件式を改良していたのでドッテン売りではなくNOポジに・・・・・・

 その後、21:50の81を下回ったところ辺りで売りサインが出ればよいのだが、売りサインが出たのは22:10の@80.67だった。

 一旦NOポジになるのは良いのだが、これでは遅すぎる。

 更なる改良を加えたい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イワイFXプロで自動売買

注文は2クリックで出来るからUWSCのスクリプトは記録機能を使えば誰でも簡単に作れる。その時データも歩み値からドラッグなしにクリックだけでエクセルに転記出切る。だから、これも記録機能で簡単に作れ、デモ用よりも安定して動いてくれる。

        ********

歩み値から、セルA1にコピペした場合、売値.BIDはセルD3に入るので

エクセル側のプログラムを以下のように書き換えます。

Sub データ転記()
   
    Dim i As Long
    Dim j As Long
    Dim eur1 As Double
    Dim aud1 As Double

With ThisWorkbook.Worksheets("検証")
 
        j = Range("C4")
       
   
        If Range("D3") > Range("D" & j) - 2 And Range("D3") < Range("D" & j) + 2 Then
      
               eur1 = Range("D3")
      
       Else
      
                  
               eur1 = Range("D" & j)
      
                  
        End If
       
  ' データの最後を探して転記
         
    For i = 10 To 2000
   
        If Range("D" & i) = "" Then
       
            Range("A" & i) = Range("A4")
         
            Range("D" & i) = eur1
                        
            Range("C4") = i
         
                  Exit Sub
       
        End If
      
       
   Next
                     
  End With

End Sub

と書き換えればよい

        ********

ただ転記だけなら

Sub データ転記()
   
    Dim i As Long
    Dim j As Long
    Dim eur1 As Double
    Dim aud1 As Double

         
    For i = 10 To 2000
   
        If Range("D" & i) = "" Then
       
            Range("A" & i) = Range("A4")
         
            Range("D" & i) = Range("D3")
                        
            Range("C4") = i
         
                  Exit Sub
       
        End If
      
       
   Next
                     
End Sub

でOK

        ********

自動売買ができるかどうか確認のためテストを数回したので最初4000円ほど負けた。

2日目は少し勝てた。

システムのロジックもMACDから線形回帰(50)に変えて、改良しながら動かしています。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2012年5月 2日 (水)

一応、UWSCで注文テスト

 岩井コスモ証券の発注を兎に角、勉強しなければ始まらない

 UWSCを使ってその発注を再現しようとしたが、どうも安定しない

 銘柄コード、株数の入力で苦労しそうだ・・・・・・

 個別の自動化は後回しにしてFXの自動化を急ごう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 1日 (火)

デモでよかった・・・・

 また、プッツンしてCAD3万ドル買い持ちにしてほって置いたら昨日えらい下がっていた。

しかし、デモトレードでよかったcoldsweats01

        ********

 今日は岩井証券のサイトが変わった

 個別株の注文は今までよりやりにくい。UWSCによる自動化は大変そうだ

        (技術的に後退してるangry

 FXの方はそれほど変わっていないようだ

 現在値の取得はイワイFXプロの”歩み値”からエクセルにコピー出切るデモ用とは別にエクセルファイルを作ろう。これは簡単で今までより安定性が得られるだろう・・・・

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »