« 18回目 E列に売買サインを入れてみる | トップページ | 19回目 グラフで結果を見る »

2012年5月17日 (木)

ペアートレードとは少し違うやり方

 簡単に、近況報告

 個別株の方は買い持ちが全滅、S安も喰らい、最後の頼みの興発も沈み-55万の損失

一方、売り持ちは担ぎ上げられて-25ぐらいあった含み損が、含み益+15に変わった

その間、リカク、損切りもあって

差し引き20万ほどのマイナスか・・・・・

FXの方は担ぎ上げられていたS持ちのEUR/USDがプラスに、CAD/JPYは5月より取引再開で比較的上手く行っている・・・・・・そんなこんなで5月に入って+6万ほど

        ********

 思うに、ある銘柄、通貨はポジションを固定して、他の銘柄、通貨で損益を管理しようという考えだ・・・・

 ペアートレードの場合、ある程度、相関関係にある物を反対売買して、リスクを少なくするという考えのやり方だが、それでは利益の方も相殺されてしまう

 それとは違って

 例えば、EUR/USDをSポジ固定していて、それが反対に騰がれば、その損失をCAD/JPYが同じように騰がっているならそれを買ってカバーし、今のようにEUR/USDが下がって利益が出ているなら、ペアートレードの様に なにがなんでもCAD/JPYを買うと言う様な事をしないで、CAD/JPYが同じように下がっているのであれば売って利益を更に伸ばせば良いではないか・・・・・

 個別株もA銘柄を現物ポジ固定でB銘柄をヘッジで空売りとガチガチな考えではなく全体が騰がっているなら信用B銘柄も信用買いで大きく儲けて、今の様に全体が下がっているなら空売りで損失を出来るだけ少なくすれば良い

        ********

 まぁ、そう言う僕も頭が硬く、また上のように上手くしようと思うが、正しい読みと素早い判断、行動が必要で、そう簡単ではない

 そんなこんなで、全体は一旦振り出しに戻ったような状態(悲惨な状態)だけど,これからどのように立て直すのか、買いだけではなく色んな考えやり方があり、また自分に合ったやり方があり、先ずここからが再スタートであると考えたい

 

 

|

« 18回目 E列に売買サインを入れてみる | トップページ | 19回目 グラフで結果を見る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/218459/45294581

この記事へのトラックバック一覧です: ペアートレードとは少し違うやり方:

« 18回目 E列に売買サインを入れてみる | トップページ | 19回目 グラフで結果を見る »