« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月26日 (火)

三松

 太陽光発電では原発の代わりにはならないのに・・・・・

 今週のエコノミストは色々と面白い記事が一杯で、その中に

”脱原発を想定し始めた電力  本音は石炭火力とインフラ輸出”

という記事があった。

 ある電力会社の幹部は、原発代替電源の選択肢は「石炭火力しかない」と断言している。

ベース電源である原発の変わりはベース電源である石炭火力しかなく。

太陽光発電は不安定でベース電源に向いていないのだ。

そして、日本の石炭火力発電は効率がよいので、そのインフラをJパワーがしているように新興国に輸出すればよいのだ。

 石炭会社の三松が太陽光発電に参入?????

 笑ってしまう coldsweats01

 42円と高く買い取ってくれるもんだから、美味しいんでしょうネ

 国のやっている事はズレている、その高い分を払わされるのは我々国民だ

 それで良いのか!!

 うまくいくのか!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月23日 (土)

ポジション額固定、買い下がりの検証と考察

ポジション額固定、買い下がりの投資モデルを作り何が正しいのか探ってみる

       ********

課題は

1.どれぐらい資金が凹むのだろうか?

2.またその凹みに自分は耐えられるのか?

3.凹みの大きさはポジションサイズの大きさで決まる。この投資モデルなら初期資金に対しどれぐらいにポジションサイズを固定すれば適正だろうか?

4.将来どれほど資金が増えるのか?

 (資金の増え方もポジションサイズの大きさで決まるけど、これは有る程度の凹みで抑えるようにポジションサイズを決めよう)

5.上昇の後の暴落で資金をどれほど守られるのか?

6.さらに、資金を増やすため。株価が上がれば現金が増える。その時の空売り戦略をどのように組み込むことが出来るか?

        ********

「pojisyonnkotei.xls」をダウンロード

セルD51にヤフー時系列データ(月)を手入力(黒崎播磨)

Sheet2 に データ保存

セルL45:単位株数(1000)

セルL46:ポジション固定額(3000000)

セルL47:初期資金(5000000)

僕の実際の1トレード当たりの取引額は60万程度であったが資金も増えそれに伴い増やした、ポジションの総額は400万程度なのでポジション固定額の設定を300万にして検証します。

        ********

 グラフ1: 株価と資産曲線(第2軸)

B1

 2002.11末 には@74まで下がり現金はほぼ底をつく173万の凹みだ

 その後の上昇ではそれに伴い順調に資産が増えていると分かる

 2006.1末 の頂点からの下げでは資金に対しポジションサイズは小さいので株価の下げに対し1/3程度だ、それでも、240万の大きい凹みである

 しかし、資金は守っている

 まぁ、これも株価の動きによるのだけど、利益に対する凹みは少ない

 手仕舞いもリカク、損切りの感覚ではないく、ただ単に下がればマネーが株に変わり、騰がれば株がマネーに変わる単なる移動という

 そんな感覚で今後の投資ができれば良いのになぁ~ と思う

        ********

グラフ2: 1回当たりの投資・回収額

       投資額累計・回収額累計(第2軸)

B2

回収累計が投資累計を上回れば全て回収出来たことを表すポジションのサイズ分300万が丸々儲けだ。

        ********

グラフ3: マネーとポジション

B3

 ポジションを300万固定(初期資金の60%)ならかろうじてマネー0にはならなかった

 ポジション固定額を100にしたり400にしたり、自分に合ったポジションサイズを探してもらいたい。

   ********

 銘柄によっては山もなく下がり続けるもの

 山が1個だけであったもの

 黒崎播磨のように山が2個出来たもの

 があり、当然、山が出来ないと成績は振るわない

 そして、右肩上がりで増えたマネーを使い、.右下がりの続く局面では、また別の空売り戦略を用い、さらに資金を増やさねばならないのである。しかし、それは買いの戦略と同じようには行かない

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月22日 (金)

戻って来いぃ~~~

 相場は上下に動くのだから、買いにしろ売りにしろ凹むのは仕方がない

 それを見越して、その時、どのような作戦を立てるかだ

 建値に戻った時、プラスマイナス0で、ヤレヤレの気分になるのではなく、

 下げている時は、他の銘柄を売って、下げの損をカバーしたり、十分引き付けて底を確認した後ナンピンを入れたりして

  戻ってきた時にはある程度の利益が出ている、そんな戦略でやって行きたい。

        ********

 今週、日成ビルドの御蔭で実質、ほぼ資金は戻った

 それで、持ち株全てが●●に戻った、その時には、今よりも更に60万資金が 増えているだろう。     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月20日 (水)

いいかげんな予測に怒る

 日成ビルドが自社株買いを発表した翌日に@122で5000株、信用で買い増して1万株、120万円の額のポジションサイズにしておいたのだ・・・・・

 ところが、ヤフーファイナンスの日成ビルドを見てみると下がるという予想が出ていた

 確かに、二日下がってその予想を次の日、見てみると当たりと出ていた。

 勝った後、下がれば不安になるし、

そんな予想で当たったなんて書くな!!、 と腹も立つ

 ある程度の覚悟も出来ているし、そんな予想を見て売ったりはしないが、もし売っていたらえらい事になる

 予想を書くのなら”穴を埋める動きをするだろうから、ギリシャ選挙の結果を見て押したところを拾ておきましょう”と書くべきだろう

 まぁ、そんなこんなで150円から170円までの戻しを期待して

 売り上がって行こうと思う 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月16日 (土)

買い下がり

 基本、損切り無の戦略

 自分の資金力やその時々の流れに応じて戦略を変えて行けば良いのであろうと思う

 まぁ、結果、思う様には行かなかったんだけど

 筋書きは一つではなく複数持っているので、なんとかなるだろう。

        ********

 それで、ポジションを絶えず定額に保つというやり方があるようだ

 例えばA銘柄のポジションサイズを120万に保つと決めよう

 それが200円であるなら6000株仕込む。運悪くそれが150円に下がったとしましょう。

 120万のポジションにするには8000株にする必要があるので150円で2000株更に買い増しをします。

 120円になれば10000株なので更に2000株購入します。

 100円になれば更に2000株購入して12000株にします。

 そこから、反発して120円になりますと。2000株だけ売りポジションを120万にします。150円になると更に2000株売りポジションを120万にします。+4万、+6万の利益が得られます。

 また下がれば同じように仕込みます

 更に下がることを想定します80円(15000株)・・・

 60円(20000株)・・・40円(30000株)・・・・

 まぁ、40円でご勘弁してください。

 何の反発もなく一方的に下がった場合、その時の投資資金は288万となり含み損は168万円です。

 まぁ、そんなことはないでしょう(いや、ありえる・・・

        ********

それでも、80円まで戻ればなんとかなります。

上下を繰り返してもなんとかなります。

父さんさえしなければなんとかなります。

        ********

 スタートが200円でなく100円からだともっと楽でしょう

 だから、これから、このやり方が面白くなります。

 検証では色んな銘柄を試すので月末ごとの決算にしてみます。月末、下がっていれば購入して120万に、騰がっていれば一部、売却して120万に(単位株数に丸めて、120万を超えないようにします。

検証、検証・・・・・・

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月10日 (日)

勝てる気がしない!!

5月は一方的な下げでSを持ち続けているだけで勝てた

しかし、6月に入って、そうは簡単に行かないようだ

システムのロジックの方もやはり問題は多く、行き詰っている

また、先週初めにユーロドル(固定S)は手仕舞いしたので、5月の投資パターンが崩れた

完全な聖杯ロジックが出来て自動で動かせたなら一番良いのだけど、そうもいかない。今のまま自動で任せきりにしても、損失が増えるだけだ・・・・・

それで、来週からはドル円を買って固定して、CAD円をドル円の動きに合わせて売り買いしてみようかと考えています

 考え方は

 ドル円が上がるときCAD円を買い 利益が*2

 ドル円が下がるときはCAD円を売り 損益を相殺±0

 そうか 答は

 レートは絶えず上げ下げの繰り返し だから

 利益*2+0+利益*2+利益*0+利益*2+・・・・・・・・=n利益

 となる

 5月はそれで一方的な動きだったからユーロドル固定売りで6万、CAD円で6万儲ける事が出来たのであった 

        ********

 ドルとCADのチャートを並べて見てトレードのシュミレーション

 今週のトレードに活かそう

 シュミレーション ゲームも改良してドッテンするごとにその取引の結果とサービス画像(少しH系)を出すようにして遊んでいます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 2日 (土)

FXシュミレーションゲームつづき4

 つづき

 AEは474行から0が続き、484行で-0.1となりまた0が続く。

 強いんだ

 でも今の条件なら484行のところで売りサインが出る

 そこで、一つ条件を増やす。AB列の値が1.0以上の時は買いのままにしてその値が1.0を下回れば売りサインを出すとすれば利を伸ばせる・・・・・

 498行で売ればよいのだ

        ********

 結果

確定損益

0.882 14 8

Fxg2

339行からの下げの時のポジションが買い持ちで、AF列が0になった時売りに変えればよいのだけどあるルールがあって変わらなかった。

 その一点ぐらいが残念なところだ

後はこれらの点を考慮して条件式を作ればよいのだ

                                   以上

  

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »