« 岩井コスモス用発注スクリプト9 | トップページ | RSS風にアレンジしてみれば2 »

2012年7月24日 (火)

RSS風にアレンジしてみれば1

 エクセル初心者のことを考えるとクエリやVBAやUWSCを使わないで出来るのが望ましい

それで、岡三RSSならそれが出来るのではないかと(サインを出させる演算部分が簡単なら出来そうなきもするのだが・・・・・

        ********

 岡三RSSのエクセル個別株発注サンプル (基本) シートがダウンロード出来るのでやってみた

 使用は出来ないが僕のエクセル2000に 必要な式だけを移して、先ほど完成したヤフー用と同じ様式のRSS風エクセルブックを作ってみようと思う

        ********

 とは言っても、僕はプロのプログラマーではないので、ある部分想像しながら(正確ではないという意味、間違っていればごめん)一から勉強していこう

 (単純発注)シートのセルB9に↓ 注文関数の書かれてるセル がある

その式を見てみると、やたら長い

 発注のトリガーは 注文関数があるセルに書かれたとき

'C:\Program Files\Okasan Online Securities Co.,Ltd\岡三RSS\岡三RSS.xla'!

に送られて注文が実行されるのであろう

また、注文関数は現物、信用、信用返済の3つに分かれておりIFでそれら3つがわけられ入っている。

 そして、引数がやたら多い、シートにはその引数の説明が詳しく書いてある。まぁ、自作の自動売買シートにはこれらの説明は必要ない

 決まっている引数は先に関数に書いておけばよいからだ

 今回僕が使うのは信用、信用返済で,それを2つのセルに分けて書いても良く、その方が式が短くなって解り良いであろう

 =IF(条件式1,'C:\Program Files\Okasan Online Securities Co.,Ltd\岡三RSS\岡三RSS.xla'!MARGINORDER(D3,"東証",IF(条件式2,1,0),0,0,D5,"T","","",1,1,パスワード,発注ID),"Locked")

と書けばよいだろ、

 赤字の条件式のところは後でゆっくり考えればよい条件式1はこの信用取引をするかどうか、条件式2は売りか買いか

 青字の発注IDはなんだかややっこしいそお

 発注IDはサンプルシートのVBAをみると発注ID用のSUBがあるのでそれを参考にするのもよいだろう・・・・・・

セルD3には銘柄コードを、セルD5には取引数量を 予め入力しておく

        ********

 これと同じように.信用返済の式を作ります

=IF(条件式2,'C:\Program Files\Okasan Online Securities Co.,Ltd\岡三RSS\岡三RSS.xla'!REPAYMENTORDER(D3,"東証",IF(条件式2,1,0),0,0,D5,"T","","",D20,D21,1,1,パスワード,発注ID),"Locked")

D20  のところは建て単価、D21 のところは建日

ここの処理はサンプルシートをもう一度良く見てどのようになっているか調べないと

建て単価、建日にはPOSITION関数と言うのがあるようだ・・・・

出来た発注用の2つの式は D列の空いているところに入れればよいでしょう

         

|

« 岩井コスモス用発注スクリプト9 | トップページ | RSS風にアレンジしてみれば2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/218459/46393305

この記事へのトラックバック一覧です: RSS風にアレンジしてみれば1:

« 岩井コスモス用発注スクリプト9 | トップページ | RSS風にアレンジしてみれば2 »